日々の経理を大切にすることが効果的な節税をするための唯一の方法

 

事業活動を続けていくためには、できるだけ余計な出費を抑える必要があります。

その中でも、「税金の支払いを抑えたい」=「節税したい」と思うのは当然のことでしょう。

 

しかし、何の考えもなしに節税してしまうと、余計にお金を失うことにもなりかねないので十分注意しなければなりません。

 

本当に意味のある効果的な節税がしたいなら、まずは日々の経理を大切にすることから始めていきましょう。

 

日々の経理を大切にすること

本当に効果的な節税をするためには、日々の経理を大切にしなければなりません。

ただ闇雲に節税したとしても、無駄遣いに終わってしまうだけです。

きちんと数字と向き合って計画的に行動していく必要があります。

 

物事には順序というものがあり、節税も同じです。

正しい順序により実行された節税は、本当に意味のある効果的な節税といえます。

 

 効果的な節税をするための順序

  1. 日々の経理を大切にする
  2. リアルタイムの数字を確認する
  3. 精度の高い決算・納税予測を行う
  4. 節税も踏まえた対策を検討する
  5. 本当に意味のある効果的な節税を実施する

このように節税するためには順序が決まっています。

つまり、はじめの日々の経理を大切にするということが非常に重要な意味を持ちます。

 

日々の経理を積み重ねて正確な会計帳簿を作成することが、節税への第一歩であるということを認識しておかなければなりません。

 

節税は手段であって目的ではない

税理士と言えども、ひとりの納税者ですから、節税をして税金を減らしたいという気持ちは本当によく理解できます。

できれば支払いたくないですし、ちょっとでも金額を減らしたいと思います。

 

しかし、節税すること自体が目的になってしまってはいけません。

 

本当の目的は、少しでも多くのお金を残すことであるはずです。

 

税金を支払いたくないあまり、不必要な経費を使い、お金が減ってしまっては本末転倒です。

お金を残すという本当の目的を果たすための手段として、節税という方法を検討するのが本来の形なのです。

 

そして、どれくらい節税すれば、どれくらいお金が残るのかという分析をするためには、正確な会計帳簿の作成が欠かせません。

 

節税という手段を使ってお金を残すという目的を達成するためにも、日々の経理を大切にしなければならないのです。

 

本当に効果的な節税をするために必要なこと

本当に効果的な節税をするためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

これが絶対というわけではありませんが、確実に成果を得ることができますので参考にしてみてください。

 

毎日コツコツ経理する

日々の経理を大切にするために一番必要なことが、毎日コツコツ経理することです。

これ以上の方法は他に存在しません。

 

経理は溜め込むと、どんどん辛く、苦しく、難しくなります。

しかし、毎日5分、10分するだけでもかなり違いが出てくるはずです。

 

経理業務を効率化するためのコツは毎日10分間の小さな積み重ね

経理業務を効率化することにより得られるものについて考えてみよう

節税の第一歩は正確な会計帳簿を作成して利益を確定させること

これらの記事でも解説していますが、小さなことを積み重ねていくことが大切です。

 

毎日コツコツ経理を進めて、数字と向き合う習慣をつけていきましょう。

そうすれば、節税以外の経営に関する対策を検討することもできるようになります。

 

クラウド会計ソフトを使う

毎日コツコツ経理しながら、便利なツールを利用することにより、より効果を高めることができます。

その便利なツールがクラウド会計ソフトです。

 

クラウド会計ソフトを完璧に使いこなすことができれば、会計帳簿をワンタッチで作成することも決して不可能ではありません。

 

できるだけ作業を効率化して時間を生み出すことで、考える時間を確保することができます。

 

クラウド会計ソフトは、単なる便利ツールではありません。

うまく活用することで、経理だけにとどまらず、経営全体に良い効果をもたらしてくれます。

 

経理が効率化され、リアルタイムな数字を確認することができれば、節税対策の時間を十分に確保することにも繋がります。

まだ導入していないが興味のある方は、是非とも検討してみましょう。

 

クラウド会計ソフト導入による7つのメリットを税理士が徹底解説

クラウド会計ソフトを使って経理を効率化するために必要な3つのこと

AI(人工知能)会計の時代にクラウド会計ソフトの導入は絶対条件

 

相談しやすい税理士を探す

本当に効果的な節税を考えるのであれば、税理士に相談するしかありません。

 

日本の税法は複雑であり難解です。

専門的な知識がなければ、まともに運用することはできないでしょう。

 

また、節税対策はケースバイケースであり、きちんとした知識がないまま実行してしまうにはリスクが高いです。

「知り合いから話を聞いたから」と言って安易にしてしまってはいけません。

 

しっかりと数字を確認して、本当に意味のある効果的な節税がないかどうかを税理士に相談すべきなのです。

その意味では、相談しやすい税理士を探しておくことも必要になってきます。

 

決算書・申告書を作成するだけが税理士の仕事ではありません。

お客様の役に立つ仕事をするという姿勢を持った税理士であれば、快く相談に乗ってくれるはずです。

 

税理士が考えるあなたにとって良い税理士の選び方と探し方

税理士の敷居は高くない!気軽に何度でも単発で相談できる

税理士は単なる専門家ではなくお客様のよき相談相手であるべき

 

まとめ

節税を考えるのであれば、まずは日々の経理を大切にすることから始めなければなりません。

節税するということだけしか頭にないと、余計な無駄遣いに走ってしまうことになります。

 

しっかりとした土台をもとにして、本当に効果的な節税を実施していくべきなのです。

なぜなら、事業活動を続けていくためには、どのようにお金を増やしていくのかを考えなければならないからです。

 

十分な考えなしに節税してしまうと、ただただお金を失う結果となってしまいます。

 

そうなってしまわないためにも、

 本当に効果的な節税をするために必要なこと

  1. 毎日コツコツ経理する
  2. クラウド会計ソフトを使う
  3. 相談しやすい税理士を探す

などを参考にしながら、日々の経理を大切にすることを考えていきましょう。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。