経理は正確さよりも、とにかくスピードを追い求めていくべきである

 

あなたは経理についてどんな印象をお持ちですか?

 

悪い意味での、真面目・根気強い・細かいなどの意見が多いのではないでしょうか。

そして、間違いのない正確な仕事をしなければならない考えている人がほとんどです。

 

しかし、経理にとって正確さよりも大切なことが1つあります。

それは、スピードです!

 

経理にとって最も大切なことは、正確さではなくスピードなのです。

 

実は、経理にとって正確さは最重要項目ではありません。

とにかくスピード重視で仕事を進めなければ、経理の本当の目的を果たすことができないのです。

 

経理はスピード重視で進めていくべき

経理はとにかくスピードが命です。

最終的には、正確な金額を確定させる必要がありますが、それは決算・申告の時だけでOKです。

 

日々の経理業務においては、正確さよりもスピードを追い求めていかなければなりません。

なぜなら、できるだけリアルタイムの数字を確認して、その数字を経営の役に立てなければならないからです。

 

あまり細かい金額にとらわれて、数字を活かすことができないということがあってはいけません。

大きな金額を読み違えなければ全く問題ないのです。

 

ますは、7割程度の完成度を目指しましょう!

 

細かい金額については、少しずつ処理を進めていけば十分です。

スピード感をもって素早く大体の金額を掴むということを大切にしてください。

 

経理の本当の目的は決算・申告をするだけではない

経理は正確さよりもスピードが求められます。

その最大の理由が、経理の本当の目的を果たすためにはスピードが必要だからです。

 

多くの方が勘違いされているのですが、経理の本当の目的は、決算書を作成して申告書を税務署に提出することではありません。

 

経理とは経営を管理することであり、数字という客観的事実に基づいて経営の意思決定をするためのものです。

つまり、経理は経営に役立つ情報を生み出すものなのです。

 

そして、情報は鮮度が命であり、数ヶ月前の数字では古すぎます。

今この瞬間の数字こそが、最も新鮮で価値のある情報です。

 

経理の本当の目的を果たすためには、とにかくスピードを追い求めなければならないのです。

 

リアルタイムの数字を確認して経営に役立てること

リアルタイムの数字を確認することは、経営にとって非常に大事なことです。

なぜなら、今の数字をもとにして、半年後、1年後の数字を予測し、それに備えていくことが経営には求められるからです。

 

 経営者が考えておくべき3つのこと

  1. いくら儲かっているのか
  2. いくらお金を使うことができるのか
  3. いくらお金を残しておかないといけないのか

 

お金がなくなってしまえば、それ以上事業を続けることはできません。

現状をしっかりと分析して、未来に備えるということが安定した経営に繋がります。

 

経営者としての勘も時には必要ですが、しっかりと足元を固めることが先決です。

まずは、「できるだけリアルタイムの数字を確認して経理を経営に役立てる」という意識を持つことから始めていきましょう。

 

経理に対する意識とツールを変えるだけでスピードは増す

リアルタイムの数字を確認して経理を経営に役立てるためには、日々の経理作業のスピードアップが欠かせません。

 

そして、経理をスピードアップするためには、

  1. 経理に対する意識
  2. 経理に関するツール

この2つをについて考える必要があります。

 

そして、この2つを組み合わせることで、経理のスピードを飛躍的に向上させることができます。

 

経理に対する意識

経理をスピードアップするためには、経理に対する意識を変えなければなりません。

 

経理をスピードアップさせる一番のコツは、毎日少しずつ処理することです。

これ以上の近道は残念ながら存在しません。

 

経理業務を効率化するためのコツは毎日10分間の小さな積み重ねという記事で詳しく解説していますが、小さなことの積み重ねこそ最も効果的な手段です。

 

毎日少しずつでいいので経理のための時間を作ってください。

スピードアップのスパイラルを生み出すことができれば、きっと経営に役立つスピード感あふれる経理を実現できているはずです。

 

 スピードアップへのスパイラル

  1. 毎日する
  2. 慣れてくる
  3. 処理スピードが早くなる
  4. 効率化できる
  5. だんだん数字が読めるようになる

 

経理に関するツール

経理をスピードアップするためには、経理に関するツールにもこだわりましょう。

私がオススメするのは、クラウド会計ソフトの導入です。

 

クラウド会計ソフトをうまく使いこなすことができれば、本当にワンタッチで帳簿を作成することも不可能ではありません。

 

クラウド会計ソフト導入による7つのメリットを税理士が徹底解説

クラウド会計ソフトを使って経理を効率化するために必要な3つのこと

ひとりクラウド税理士が効率的に仕事をするための5つのITツール

 

クラウド会計ソフトは、リアルタイムの数字を確認して経理を経営に役立てるための方法としては最適な方法ではないでしょうか。

 

まとめ

意外に思われる方もいらっしゃるでしょうが、経理において最も大切なことは正確さではなくスピードです。

スピード感をもって、リアルタイムの数字を確認することができないようでは、経理の本当の目的を果たせていません。

 

決算書・申告書の作成は、経理の目的ではなくただの結果に過ぎないのです。

経営に役立つ情報を生み出してこそ、経理の本当の目的を達成することができます。

 

そのためは、

  1. 経理に対する意識
  2. 経理に関するツール

を変えて経理のスピードアップをしていかなければなりません。

 

経理をただの作業や義務として終わらせてはいけません。

新鮮な情報として積極的に活用していきましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。