何かを得るために何かを諦めることも人生において必要である

 

何か自分のためになることを始めたい。

そのためには、あれもこれも諦めなければならない。

 

そのような悩みを抱えながらも、実際には何もできないということが誰しもあるかと思います。

私の場合は、税理士試験がまさにそうでした。

 

そして、その時の経験から『何かを得るためには何かを諦めなければならない』ということを嫌というほど思い知らされました。

 

しかし、その経験により得ることができるものは非常に大切なものであり、大きな自信となって自分を高めてくれるものでもあります。

 

人生における「ここぞ!」という時に自分の力を最大限に出しきるためにも必要な考え方だと私は思います。

 

どうしても手に入れたいものなら

自分の人生において、どうしても手に入れたいものが誰にでもあるはずです。

そして、それらは簡単に手に入るものではいと相場は決まっています。

 

何かを得るために何かを諦めることも時には必要です。

 

しかし、得たいと願うことの大きさに比例して、諦めなければならないことも大きくなります。

それだけに、実際に手に入れることができれば、大きな自信になり魅力溢れる人間に成長することができます。

 

何かを諦めてでも絶対に手に入れるという強い意志がなければ、本当に欲しいものは手に入りません。

 

淡々とやるべきことに取り組むこと

本当に欲しいものを手に入れるためには、何かを諦める必要がある。

頭では理解できていても、それを実践できる人はそう多くありません。

 

まずは一歩だけでも踏み出してみましょう!

 

最初に一歩踏み出してしまえば、おのずと道は開けてきます。

そして、その最初の一歩が大きな差となって現れてくるはずです。

 

いざやってみると、何かを諦めるということはそんなに難しいことではありません。

なぜなら、私たちは日頃から色々なことをやりすぎているからです。

 

もっとシンプルに淡々とやるべきことに取り組む時間を確保すべきです。

 

そして、それを毎日少しずつでも続けることで、将来大きな成果を生み出すことができます。

 

本当に手に入れたいものがあるのであれば、多少のことは諦めることができるはずです。

 

税理士試験で学んだこと

「何かを得るために何かを諦める」私は税理士試験において、これを実践しました。

 

天才と呼ばれる人間を除いて、一般人が税理士試験に合格するためには相当な勉強量が必要になってきます。

それこそ、全ての時間を税理士試験に費やさなければならないほどです。

 

試験だけに専念できればそれで良いのですが、仕事をしながらだとそうはいきません。

なんとかして勉強時間を確保しなければならないわけです。

 

そこで私は、仕事も遊びも諦めることにしました。

 

仕事に関しては、確定申告などの繁忙期を除いて、勉強時間の確保を最優先するために残業をしませんでした。

もちろん、徹底的に効率化して残業しない努力はしましたが、自分のキャパをオーバーしてまで新しい仕事をすることはありませんでした。

 

遊びに関しても、ゴルフや飲み会に参加するのは勉強していない期間(9月〜12月)だけでした。

 

何をどのくらい諦めるかは人それぞれです。

そして、その結果についても本人の能力次第です。

 

しかし、何も諦めることなく手に入れることができるものなどたかが知れています。

 

自分の人生を賭けてでも欲しいものがあるのなら、何かを犠牲にすることも必要になってくるのではないでしょうか。

 

まとめ

何かを得るために何かを諦めることが人生において必要な時があります。

そして、そのようにして得たものはあなたにとってかけがえのないものになるはずです。

 

簡単に手に入らないものであればあるほど、諦めなければならないことも多くなります。

しかし、困難な目標を達成することができれば、大きな自信になり自分を高めてくれることでしょう。

 

犠牲にしなければならないことは、人によって違います。

それでも、「何かを得るために何かを諦める」という考え方は、人生において持っておくべきものではないでしょうか。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。