たった1つのベストな選択よりもベターな選択を何度も繰り返す

 

人は何かを決めるときベストな選択をしたいと考えます。

しかし、常にベストな選択を続けることはできませんし、慎重になりすぎて何も決めることができないというのも困りものです。

何かしらの選択をする必要があるときに「ベストな選択ができない!」と感じたら「ベターな選択ができればOK!」という考え方を持つことも大切です。

準備万端、万全の体勢で始められることの方が少ないですからね。

 

少しでも前に進むことが大切

何かを決めるときベストな選択をすることができれば何事もうまくいきます。

しかし、ベストな選択をするために慎重になりすぎてはいけません。

うまくいくイメージが湧かなくても、一歩前に踏み出さなければ何も始まらないのです。

たとえベストな選択ができなかったとしても、少しでも前に進むことが大切です。

そのためにも、ベストな選択ができないときには、ベターな選択をすることも考えておきましょう。

 

ベストな選択をしようとするとなかなか動けない

ベストな選択よりもベターな選択をオススメするのには理由があります。

人はベストな選択をしようとするとなかなか動けなくなってしまうからです。

ベストな選択にこだわると…
  • しっかりと準備ができてから
  • 実力を発揮できるようになってから
  • たくさん経験を積んでから

「失敗したくない!」という気持ちは理解できます。

しかし、「まだ準備できていない!まだ時期ではない!」と言って結局は何もしないのがオチです。

何かを始めるときに、いきなり『0→100』を目指していては何もできません。

『0→1』でいいのです!

ベストな選択ができないときはベターな選択をして、まずは一歩踏み出してみましょう!

ゼロからイチを繰り返すことが充実した人生を送る方法である

2017.08.21

 

まず一歩踏み出して行動してみること

何か新しいことを始めるときに『成功 or 失敗』という考え方をしてしまうとなかなか動けません。

しかし、この平和で裕福な日本においては、一度失敗してしまったとしても何度でもやり直すことができます。

失敗を糧に学べることもあるでしょうし、そこで人生の教訓を得るということもあるかもしれません。

その意味では『成功 or 失敗』ではなく『成功 or 成長』と考えることができます。

どっちに転んでも自分のためになるなら、ベストな選択ができていなくてもすぐに動き出せます。

 

また、実際に行動してみないとわからないこともたくさんありますし、ベストな選択もその瞬間によって変わってきます。

起業・独立、勉強、スポーツ、どれも同じです。

まず一歩踏み出して行動してみることが大切ではないでしょうか。

すぐに行動するためには情報収集とロジカルシンキングが絶対に必要

2017.10.17

とにかくすぐにやってみる!仕事ができる人のスピードと行動力

2017.04.14

 

まとめ

「ベストな選択をしたい!」という気持ちはわかります。

しかし、ベストな選択をすることにこだわりすぎると、すぐに行動することが難しくなってきます。

まずは一歩踏み出してみることが大切です。

細かいことは走りながら考えても決して遅くはありません。

ベストな選択ではなく、ベターな選択を繰り返して、前へ前へ突き進んでいきましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。