起業・独立に必要なお金について考えるには事業計画書の作成が必須!

 

起業・独立するためには、ある程度まとまったお金が必要です。

そして、何にいくらお金が必要で、それをどこから調達してくるのかということを考えておかなければなりません。

 

お金がなくなれば事業を継続していくことはできないため、起業・独立する前にすでに経営者としての資質が問われます。

事前にしっかりと計画して行動していかなければ、たちまち資金不足に陥ってしまうことでしょう。

 

そうならないためにも、事業計画書をきっちりと作り込んでおきましょう!

 

事業計画書の完成度を高めることにより、事業が安定するまでの道筋を明確にすることができます。

また、日本政策金融公庫の創業融資を受ける際にも必要になってきますので、前もって作成しておくことをオススメします。

 

経営者として考えなければならないこと

起業・独立を考えたなら、まずは何にいくらお金が必要なのかということを考えなければなりません。

そして、どこからそのお金を調達してくるのかということについても同様に考える必要があります。

 

これらは、経営者としてのはじめの仕事であり、最も大切な仕事と言えるでしょう。

 

あなたの仕事に関する知識・経験・スキル・ノウハウも大切ですが、これからは経営者としてお金と向き合うという仕事も大切な仕事になってきます。

 

  • いくら儲かっているのか
  • いくらお金を使うことができるのか
  • いくらお金を残しておかないといけないのか

これらのことについては、常に考えておかなければなりません。

 

起業・独立する前から、しっかりとした準備を進めて、お金についてじっくりと考えておきましょう!

 

お金がなくなれば事業を継続することはできない

経営者は常にお金について考えておかなければなりません。

なぜなら、お金がなくなってしまえば事業を継続することができなくなってしまうからです。

 

たとえ数年間赤字を出し続けたとしても、お金さえあれば事業を継続していくことはできます。

 

つまり、どのようにお金を使い、増やし、残していくのかということを考えていかなければなりません。

 

行き当たりばったりの思いつきで話を進めてはいけません。

事前にしっかりとした計画を立てて、それにそって行動していかなければならないのです。

 

事業計画書を作成する意味と効果について

起業・独立するために必要なお金について考えるなら、事業計画書の作成が最適な方法です。

なぜなら、事業計画書を作成するためには、

  1. 何にいくらお金が必要なのか
  2. 必要なお金をどこから調達するのか

ということを考える必要があるからです。

 

この2つの問題について明確な答えを出すことができれば、起業・独立するためのお金の準備は万全です。

 

起業・独立についてじっくりと考えを深めていきながら、事業計画書の完成度を高めていきましょう。

 

お金がいくら必要なのか

まずは、何にいくらお金が必要なのかをしっかりと考えていきましょう。

そして、いつ頃事業を軌道に乗せることができるかについても同時に考えてください。

 

これらを明確にすることで、何にいくらお金が必要なのかを時間も含めて計算することができるようになります。

 

起業・独立してすぐに売上を獲得することができれば良いのですが、0からのスタートという場合もあります。

事業が軌道に乗るまでに必要な資金を確保することも非常に大切です。

 

また、想定外の出費なども十分に考慮して、多少のゆとりを持って計画することをオススメします。

 

 起業・独立の前に具体的に考えておくべきこと

  • 事業が軌道に乗るまでの期間
  • 事業が軌道に乗った時の売上
  • 運転資金(仕入・外注・人件費)
  • 事務所家賃(敷金・礼金・改装費・仲介手数料)
  • 備品(PC・椅子・机)
  • ランニングコスト(水道光熱費・通信費・消耗品費)
  • 生活費

 

お金をどこから調達するのか

起業・独立に必要なお金を明確にすることができたら、そのお金をどこから調達するかを考えなければなりません。

現実的な方法として考えられるのが、

  1. 貯める
  2. 借りる

の2つの方法です。

 

お金を貯める

まず、お金を貯めることについては、サラリーマン時代の給料・年齢・家族構成などにより状況は人それぞれです。

起業・独立に必要な金額を貯金だけで用意することができれば理想的ですが、あまり現実的ではありません。

 

しかし、少しの金額でも計画的にコツコツ貯めていくという姿勢が大切です。

このあと説明しますが、これは日本政策金融公庫から創業融資を受ける際にも評価されるポイントです。

 

起業・独立を考えるのであれば、まずは自分でお金を貯めるということを考えましょう!

 

お金を借りる

次に、お金を借りることについても考えていきましょう。

起業・独立に際しては、日本政策金融公庫の創業融資を利用することをオススメします。

 

起業・独立前の何の実績もない段階で、銀行はお金を貸してはくれません。

しかし、日本政策金融公庫は国が運営しており、起業・独立をサポートするための融資を実施しています。

 

そして、この融資を受けるためには事業計画書の作成が欠かせません。

また、起業・独立に向けてお金をコツコツ貯めていたかどうかという姿勢も評価されます。

 

起業・独立に関する資金調達方法として、日本政策金融公庫の創業融資は、実質的に唯一の方法であります。

 

確実に融資を受けるためにも、しっかりとした事業計画書を作成しておきましょう!

 

まとめ

起業・独立するためには、しっかりとお金を準備しておかなければなりません。

なぜなら、お金がなくなってしまえば、事業を継続していくことができないからです。

 

まずは、何にいくらお金が必要なのかを明確にしていきましょう。

できるだけ正確に、そして少し余裕をもって計画しておくといいでしょう。

 

次に、お金をどこから調達するのかを考えます。

具体的には、

  1. 貯める
  2. 借りる

の2択ですが、より多くの資金を確保するためには、日本政策金融公庫の創業融資によりお金を借りるしか方法はありません。

 

そして、これらについて考えた時に絶対に必要になってくるのが、事業計画書の作成です。

事業計画書を作成して完成度を高めることにより、創業後の計画を明確にすることができ、かつ、実際に融資を受けるかどうかは別としても、融資に必要な書類を作成することもできます。

 

つまり、起業・独立に必要なお金について考えるには事業計画書の作成は必須事項ということです!

 

事業計画書をしっかりと作り込み、万全の準備をしていきましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。