好きな仕事をするためにはビジネスのスタンスを明確にしておくべき

 

フリーランスとして起業・独立した場合や新たに法人を設立した場合など、

  • 好きなことを仕事にしたい
  • やりたい仕事だけをする
  • 時間的な余裕を確保して、仕事もプライベートも充実させたい

と希望に胸を膨らませて事業を始める人がほとんどでしょう。

しかし、いざ蓋を開けてみると、

  • 起業・独立する前と同じような嫌いな仕事をしている
  • 食べていくためには、やりたくない仕事もしなくてはならない
  • いつも忙しく、時間に追われる日々が続いている

なんてことになっていませんか…

自分で事業を立ち上げたにも関わらず、このような状態が続いていては、何のために事業を立ち上げたのかわからなくなってしまいます。

お金に対する不安、将来に対する不安というリスクを犯してまで、自由とやりがいを求めて起業・独立したはずです。

せっかく起業・独立したわけですからそれらを諦めてしまうのは非常にもったいないことです。

もっともっと、自分に正直に自由や、好きな仕事、やりたい仕事、やりがいを貪欲に追求すべきです!

そこで今回は、好きな仕事、やりたい仕事を自由にするための方法として、ビジネスのスタンスを明確にしておくことの重要性について考えてみます。

自分の好きな仕事、やりたい仕事とは何なのかをもう一度じっくり考えてみましょう!

 

好きな仕事、やりたい仕事をリストアップする

ビジネスのスタンスを明確にするための第一歩として、好きな仕事、やりたい仕事をリストアップしていきましょう。

まずは実際にビジネスとして成立するかしないかを考えなくてもいいです…

ドンドン好きなこと、やりたいことをリストアップします。

ある程度リストアップできたら、実際にビジネスに関するものや、ビジネスとして成立するものを絞っていき、少しずつアイデアとしてブラッシュアップしていきます。

例として、私の場合のリストアップからブラッシュアップまでをご紹介します。

やりたいことをリストアップ
  1. 時間の自由が欲しい、質の高いサービスを提供したい
  2. 税理士の敷居を低くしたい
  3. お客様にとって役に立つ数字を提供したい
  4. 決算・申告以外にも税理士として役に立つ仕事がしたい
  5. お客様と生涯に渡って相談し合えるような関係を築きたい

このように好きなこと、やりたいことをリストアップします。

そして、このリストアップしたものをビジネスとして成立させるためにブラッシュアップしていきます。

仕事としてブラッシュアップ
  1. ひとり税理士事務所を経営する
  2. 顧問契約だけでなく単発の相談・コンサルティングにも対応する
  3. クラウド会計ソフト導入のお手伝い
  4. リアルタイムな数字をお客様に提供して、そこから未来の数字を予測する
  5. 法人(事業承継、世代交代、M&A、清算)・個人(相続、保険、所得分配)をひっくるめた生涯設計のお手伝い

これは、私の税理士としてのサービスの軸であり、実際に提供するサービス、得意な仕事です。

ここには私の好きな仕事、やりたい仕事しかありません。

このようにできるだけ個別具体的にリストアップ、ブラッシュアップしていきましょう。

 

嫌いな仕事、やりたくない仕事をリストアップする

好きな仕事、やりたい仕事のリストアップ以上に重要なのが、嫌いな仕事、やりたくない仕事のリストアップです。

このステップなくしてビジネスのスタンスを明確にすることはできません…

やり方は好きな仕事、やりたい仕事のリストアップと同じです。

リストアップとブラッシュアップを繰り返していきましょう。

嫌いな仕事、やりたくない仕事を明確にすることで、さらに好きな仕事、やりたい仕事が可視化されていきますのでじっくりと時間をかけて考えてみてください。

やりたくないことをリストアップ
  1. 素人を見下す、怒鳴る、叱るような税理士にはならない
  2. クラウドサービスに価値を見出せない人とは仕事をしない
  3. 100%記帳代行をしない
  4. 粉飾決算・脱税の相談は受け付け
仕事としてブラッシュアップ
  1. お客様の悩みを共有し、解決策を共に考え提案する
  2. クラウド会計ソフトの導入をされているお客様、導入を検討しているお客様としか仕事をしない
  3. クラウド会計ソフトを駆使して、お客様の自計化をサポートする
  4. 会計・税務に関する知識、考え方、判断の仕方などをお客様にわかりやすく解説する

 

ビジネスのスタンスを明確にして情報を発信する

このように好きな仕事、やりたい仕事と嫌いな仕事、やりたくない仕事をリストアップ、ブラッシュアップできれば、あなたのビジネスに対するスタンスが明確になってきているはずです。

ここまでできれば、そのスタンスを情報として発信するステップに進みましょう!

この明確にしたビジネスのスタンスを情報として発信することで、

  • どんな仕事が好きなのか、嫌いなのか
  • どんな仕事が得意なのか、不得意なのか
  • どんなビジョンを持って仕事に取り組んでいるのか

ということをあなたのお客様に知らせることができます。

そして、あなたの考え、ビジョン、ミッションに共感したお客様を集めやすくすることができます。

そのようなお客様と仕事をすることで必然的に、嫌いな仕事、やりたくない仕事は少なくなっていくはずです。

好きな仕事、やりたい仕事しかやってないとうい状況を作り出すことも不可能ではありません。

また、情報を発信するメリットとして、自分の考えを言語化・アウトプットすることにより、自分自身の軸を明確にすることができるという効果も期待できます!

情報として発信した以上、自分自身のプレッシャーにもなり、仕事に対するモチベーションや、アウトプットするためにインプットを続けなければならないという状況を作ることができるため、自分の成長にも繋がります。

どんどん情報を発信して、好きな仕事、やりたい仕事につなげていきましょう!

 

ひとりビジネスの場合は特にオススメ

好きな仕事をするためにビジネスのスタンスを明確にしておくことは、ひとりビジネスをしている場合は特にオススメです。

なぜならひとりビジネスの場合は、ひとりでできる仕事は時間的にも、物理的にも限界があるため、嫌いな仕事、やりたくな仕事をやっている暇などないのです。

好きな仕事、やりたい仕事を納得いくまでやりきって、最大限の効果を出していくことに全力をあげるべきなのです!

本来、ひとりで仕事をしていれば、誰の指図を受けることもなく自由に仕事をすることができるはずです…

好きな仕事、やりたい仕事をするための仕組みづくりは、ひとりビジネスにとっては必須事項といえます。

 

まとめ

好きな仕事、やりたい仕事をするためには、ビジネスのスタンスを明確にして情報を発信していく必要があります。

そのためには、

  1. 好きな仕事、やりたい仕事とは何なのか
  2. 嫌いな仕事、やりたくない仕事とは何なのか

ということをじっくりと考えて言語化していきましょう。

これらの作業が終われば、自然とあなたのビジネスに対するスタンスが明確になってきているはずです。

あとはあなたのお客様や将来お客様になるであろう人に向けてドンドン情報を発信していきましょう。

あなたの考え、生き方、人柄に共感したり、興味を持ってくれた方々と、あなたの好きな仕事、やりたい仕事をトコトン気の済むまでやっている姿を想像してみてください。

何だかワクワクしてきませんか?

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。