税理士に相談するハードルは高くない!こんな時は早めに相談しよう

 

そうだ、税理士に相談してみよう!

 

弁護士、司法書士、税理士、いわゆる士業へ何かを相談するハードルは、実はそんなに高くありません。

 

もっと早くに相談してくれればよかったのに…

税理士として仕事をしていると、そのように感じることが多々あります。

 

「こんなこと聞いてもいいのかしら?」なんて考える必要は全くありません!

 

気軽に何でも相談してみましょう!!

 

税理士に相談するのは簡単

税理士に相談することのハードルは、決して高くありません!

昔は、税理士と顧問契約をしていないと、気軽に相談することはできませんでした。

 

しかし、最近では私も含めて、単発で相談できる税理士が増えてきています。

 

  • こんなこと聞いても怒られないかな?
  • 相談しても話が難しくて理解できないかも…
  • そのまま顧問契約させられたらどうしよう!

 

このようなことを考える必要は全くありません。

 

なぜなら、単発での相談を受け付けている税理士は、お客様から相談していただけることに喜びを感じています。

 

  • お客様に対して怒るなど言語道断!
  • 専門用語を使わず、わかりやすく説明するのは当たり前!
  • ご縁があって顧問契約に至れば最高!

 

少なくとも私は、単発での相談に関して、このように考えています。

きっと、他の税理士も同じだと思います。

 

ですから、もっと気軽に単発で何度でも相談して、いい意味で税理士をうまく利用していきましょう!

 

こんな時は早めに相談しましょう

単発で相談していただくお客様の多くは、何かしらの悩みを抱えて相談に来られます。

しかし、もっと早く相談してくれれば…ということがほとんどです。

 

手遅れになってしまう前に、できるだけ早めに税理士に相談しましょう!

 

 こんな時は早めに相談しよう!

  • 起業・独立した、法人を設立した
  • 順調に利益が出てきた
  • 売上が1,000万円を超えた
  • 税務調査の連絡があった
  • 何を相談すればいいかすらわからない

 

起業・独立した、法人を設立した

個人事業者として、起業・独立した時、法人を設立した時には、一度は税理士に相談するようにしましょう。

 

事業を始めたばかりだから必要ないのではなく、事業を始めたからこそ必要なのです!

 

何事も最初が重要であり、ここでのミスはなかなか取り返すことができません。

 

  • 青色申告承認申請書などの各種届出
  • 創業融資を利用した財務戦略
  • 消費税の納税義務を考えた資本金の設定

などなど、最初に決めておかなければならない重要なことがいくつもあります。

 

お金を借りるなら今しかない!起業・独立時は資金調達する最高の時期

2017.12.06

個人事業者・フリーランスの確定申告を青色申告しておくべき理由とは

2017.06.26

法人を設立して消費税を節税する最良のタイミングとその方法

2017.04.02

 

順調に利益が出てきた

利益が出てきたということは、税金が課税されるということです。

正しい申告をしておかなければ、無駄な税金を支払ったり、後々の税務調査で問題になることもあります。

 

さらに、決算・節税対策などをするにしても、いかにしてお金を残すかということを考えておかなければなりません。

 

その意味では、税金に関することだけでなく、将来の事業計画などについても相談する必要があります。

 

中小企業の社長として3つの視点から5つの出口戦略について考える

2017.12.07

 

売上が1,000万円を超えた

売上が1,000万円を超えてくると、事業の規模が大きくなってきているため、税理士なしで申告するのが難しくなってきます。

そして、売上が1,000万円を超えた年の2年後には、消費税を納税しなければなりません!

 

そうなってくると、会計ソフトを使って正確な会計帳簿を作成する必要が出てきますのです、税理士への相談は必須となってきてしまいます。

 

また、個人事業者の場合は、新たに法人を設立することも選択肢として出てきますので、その辺りも踏まえて相談するといいでしょう!

 

消費税の計算方法・申告・納税などの基本をしっかりと押さえておこう

2017.11.27

法人を設立するとできる5つの節税対策を税理士が徹底的に解説します

2017.08.03

 

税務調査の連絡があった

新たに事業を始めて数年経つと、税務署が税務調査にやってきます。

納税者本人で対応することもできますが、できれば税理士に相談して一緒に立ち会ってもらうことをオススメします。

 

税務調査は、納税者が正しく申告できているかをチェックするためのものです。

そして、そのチェックの結果、間違いが見つかった場合は当然として、間違った回答をしてしまうと、修正申告をして追徴税額・罰金を支払うことになります。

 

そのようなことにならないためにも、税務調査の連絡があったら、税理士に相談してしっかりと事前準備を進めておきましょう!

 

税務調査は事前の準備で決まる!絶対にやっておくべき5つのこと

2017.11.22

税務調査の負担を軽減するためには税理士に立会を依頼すべきである

2017.10.31

税務調査で税務署が徹底的に調べる3つのポイントを知っておこう

2017.08.11

 

何を相談すればいいかすらわからない

何を相談すればいいかがわからない…実はこれが一番重要だったりします。

自分が何をわかっていないのかをわかっていれば、すでに問題は解決しています。

 

しかし、自分が何をわかっていないのかがわかっていない場合にこそ、しっかりと相談をしてほしいのです!

 

税理士は、会計・税務のプロであり、様々な事例を見てきています。

お客様の話を聞きながら、

  • どんなことで困っているのか
  • それをどのように解決するのか
  • その先に見えてくるものとは

ということ引き出していくことができます。

 

 こんな悩みはありませんか?

  • 何かをしなければならないのはわかっているが、何をすればいいのかわからない!
  • 漠然とした不安を抱えているが、それが何なのかがわからない!
  • お金の話だけに、知り合いに相談するわけにもいかない!

このような悩みがあるなら、きっと税理士がお役に立てることがあるはずです。

 

税金で損をしないためにも起業したらなるべく早く税理士に相談しよう

2017.09.08

税金は知らないだけで損するもの!起業後に税理士をつける意味とは

2017.07.26

 

まとめ

税理士に相談することは、実はとても簡単なことです。

「こんな簡単なことを聞いてもいいのか?」みたいなことを考える必要は全くありません!

 

むしろ、もっと気軽に何度でも相談してほしいです!!

 

税理士に早めに相談するだけで、不利益を被ることを防ぐことができます。

ぜひ、税理士をうまく利用してほしいと思います。

 

サービスのご案内

新井勲税理士事務所では、単発でのご相談も随時承っております。

税理士の新井本人が、わかりやすく丁寧に説明することをお約束いたします。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。