青色申告の65万円控除は難しくても10万円控除だけは絶対しておく

 

個人事業者が確定申告をするならば、絶対に青色申告にしておくべきです。

なぜなら、白色申告よりも確実に税金の支払いを減らすことができるからです。

 

しかし、その青色申告にも『65万円控除』『10万円控除』の2種類の方法があるのはご存知でしょうか?

 

どちらも青色申告なのですが、申告の難易度が全然違ってきます。

 

あなたはどちらの申告を選びますか?

 

青色申告の65万円控除と10万円控除

個人事業者が確定申告する場合には、白色申告と青色申告の2種類があります。

青色申告には様々な特典がありますので、少しでも税金を安くしたいのなら、絶対に青色申告をすべきです。

 

個人事業者・フリーランスの確定申告を青色申告しておくべき理由とは

2017.06.26

 

ただし、青色申告にも、『65万円控除』『10万円控除』の2種類があり、申告の難易度が全く異なります。

 

そして「青色申告は色々と面倒で大変」と言われるのは、65万円控除を受ける場合のことです。

10万円控除の場合は、比較的容易に申告することができますので、65万円控除が難しそうであれば、10万円控除にしてしまうのも得策です。

 

また、10万円控除も青色申告に違いありませんので、きちんと優遇措置を受けることができます。

 

 10万円控除でも大丈夫!

  • 少額減価償却資産の一括経費計上
  • 青色専従者給与の支給
  • 赤字を3年間繰り越しできる

 

65万円控除は会計ソフトを使って帳簿を作成

青色申告の65万円控除を受けるためには、複式簿記による会計帳簿を作成しなければなりません。

 

複式簿記による会計帳簿とは、会計ソフトを使って作成した会計帳簿であり、法人の申告と同じように、貸借対照表・損益計算書を作成しなければなりません。

ある程度の簿記の知識があれば、会計ソフトへの入力も可能ですが、やはり税理士の力を借りるべきでしょう。

 

最近では「クラウド会計ソフトを使えば簡単に会計帳簿が作れる」なんて話もありますが、全くのデタラメです!

 

クラウド会計ソフトが便利なソフトであるのは確かなのですが、全自動で会計帳簿を作成してくれるわけでもありませんし、簿記の知識のない人が使いこなすには、他の会計ソフトと同じく難易度が高いでしょう。

 

クラウド会計ソフトは導入しただけでは力を発揮することができません

2017.10.23

クラウド会計ソフトを使って経理を効率化するために必要な3つのこと

2017.06.05

 

青色申告の65万円控除という大きなメリットを活かすのであれば、税理士などの専門家に相談するようにしましょう!

 

10万円控除は家計簿を作成

青色申告の10万円控除については、比較的容易に適用することができます。

10万円控除の場合には、65万円控除のように複式簿記による会計帳簿の作成を必要としません。

 

つまり、会計ソフトを使った会計帳簿ではなく、より簡易な帳簿、家計簿のようなものでOKです。

 

また、貸借対照表の作成も必要ありませんので、1年間の収支が記載されていれば問題ありません。

 

せっかくの青色申告、できれば65万円控除を適用して欲しいところですが、ハードルが高い場合には、10万円控除にするのもいいでしょう!

 

白色申告より青色申告の10万円控除

個人事業者の確定申告には、白色申告という方法もあります。

 

しかし、白色申告をすることによるメリットは、何一つありません。

 

たとえ白色申告であっても、帳簿の作成や領収書・請求書などの保存は義務付けられています。

つまり、青色申告と何ら変わらないということです。

 

 ただの勘違いです

  • 白色申告だから楽
  • 白色申告だから適当でいい

というわけではないのです。

 

その意味では、白色申告するぐらいなら、青色申告の10万円控除の適用を受けた方が絶対にお得です。

 

まとめ

青色申告には『65万円控除』と『10万円控除』の2種類の方法があります。

 

65万円控除の方が控除額が大きいため有利なのですが、複式簿記による会計帳簿の作成が必須となります。

簿記に関する知識がない人にとっては、非常に難易度が高いです。

 

しかし、10万円控除であれば、家計簿のような簡易な帳簿で問題ありませんので、比較的容易に申告することができます。

 

65万円控除が難しそうであれば、10万円控除としてしまうのもいいでしょう。

10万円控除でも青色申告の優遇規定を受けることができるので安心です。

 

決して白色申告のままにしておかないようにしてください。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。