確定申告書はいつから提出できるの?還付申告なら早めに提出してしまおう

 

いよいよ確定申告の季節がやってきました!

フリーランス・個人事業者の人にとっては、1年で最も憂鬱な季節かもしれませんね…

しかし、確定申告を毎年やってきてつくづく感じることは「確定申告は早くやったもん勝ち!」だということです。

とくに還付申告の場合は、申告期限よりも前に提出してしまうことをオススメしています。

確定申告は早めに終わらせてスッキリさせてしまいましょう!

 

確定申告の申告期限

所得税

所得税の確定申告の申告期限は、毎年2月16日から3月15日までとされています。

この期間内に前年1年間の所得金額を計算して納税地の所轄税務署に提出しなければなりません…

確定申告書の提出方法はいくつも方法が認められていますので、3月15日の申告期限までに確実に提出しておきましょう!

確定申告書の3つの提出方法
  1. 税務署へ行って提出する
  2. 税務署へ郵送して提出する
  3. e-Taxで電子申告する

 

消費税

消費税の確定申告書の提出期限は、毎年1月1日から3月31日(2018年は4月2日)までとされています。

所得税の申告期限と微妙にズレていますが、所得税の確定申告書の提出と同時に消費税の確定申告書も提出してしまいましょう!

なぜなら、消費税の計算を終わらせて経費として計上しておかないと所得税の計算も終わらないからです…

実務上は所得税と消費税は同時に提出してしまいますので、3月15日までに終わらせてしまうのがいいでしょう。

 

確定申告の納付期限

所得税

所得税の納付期限は、申告期限と同じく3月15日までとされています。

振替納税をする場合は、2018年4月20日(金)に指定の口座から振替られます。

 

消費税

消費税の納付期限は、申告期限と同じく3月31日(2018年は4月2日)までとされています。

振替納税をする場合には、2018年4月25日(水)に指定の口座から振替られます。

 

振替納税を利用しよう

振替納税をはじめて利用する場合には、事前に税務署及び振替納税を希望する預金口座(本人名義の口座に限る)の金融機関へ「口座振替依頼書」を提出しなければなりません。

所得税は3月15日までに、消費税は3月31日までに提出しておくことで、その年から利用可能になります。

1度提出するだけで翌年以降も自動的に振替納税となりますので「税金を支払いに行くのがめんどくさい!」という人は利用してみましょう。

振替納税の注意点

預金口座の名前に屋号を使用していると、うまく振替できないことがあるようなので注意してください。

 

2月16日よりも前に提出した場合どうなるの?

所得税

所得税の確定申告の申告期限は、2月16日から3月15日までですが、それよりも前に提出したらどうなるのでしょうか…

結論を申し上げると、2月16日よりも前に提出しても全く問題ありません!

確定申告がはじまる2月16日まで税務署で預かっておいてくれますし、e-Taxで電子申告する場合は1月4日からすでに受付を開始しています…

自分で電子申告するよ!税理士に電子申告してもらうよ!という人であれば2月16日を待つ必要はありません。

 

消費税

消費税の確定申告の申告期限は、1月1日から3月31日までなので申告書が作成でき次第提出することができます。

所得税と合わせて早めに申告してしまいましょう!

 

還付申告するなら早めの提出をオススメします!

1年間の税金を計算した結果、税金が戻ってくる「還付申告」になることがありますが、その場合も2月16日まで待つ必要はありません。

還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。

このように還付申告についてはいつでも提出することができますが、できるだけ早く提出することをオススメしています。

その理由は、早く提出すればするほど早く還付金を受け取ることができるからです!

2月16日以降は日本全国の税務署で確定申告書があふれかえってしまい、なかなか還付の手続きを進めることができません…

住宅ローン控除などを利用して税金が還付になるのであれば、ぜひ早めに提出してしまいましょう!

還付口座の注意点

税金の還付を受けるためには、本人名義の預金口座を確定申告書に記載します。

振替納税と同じく、屋号を使用している場合はうまくいかないことがあるようなので注意してください。

 

まとめ

確定申告の申告期限は2月16日から3月15日までということになっていますが、それよりも前に申告してしまうこともできます。

また、早く申告したからといって早く税金を支払う必要もありませんので余裕を持った早めの申告を心がけましょう!

還付申告の場合は還付の手続きも早く済みますのでオススメです。

何よりもメンドくさい確定申告を早く終わらせれた!というスッキリ感を味わうことができます。

確定申告はさっさと提出してしまったもん勝ちです!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。