ワンタッチで会計帳簿を作成してリアルタイムの数字を確認する方法

 

会計帳簿の作成には、「時間・労力・お金」がかかります。

しかし、ある便利なツールを使うことで劇的に効率化しながらも、会計を経営の役に立てる方法があります。

 

それが、クラウド会計ソフトを導入してワンタッチで会計帳簿を作成してリアルタイムの数字を確認するという方法です。

 

クラウド会計ソフトをうまく活用することで、素早く、正確に経理業務を進めることができ、今この瞬間の数字を確認することができるようになります。

 

そして、これができるようになれば、今の数字に基づいて未来の予測をすることができるようになるため、本当の意味で会計を経営に役立てることができるようになります。

 

クラウド会計ソフトをどのように活用していくのか

会計帳簿を作成するのに大切なことは、より素早く、より正確に作業を進めることです。

それを実現するために最も効果的な方法が、クラウド会計ソフトを利用した会計帳簿の作成であります。

 

経営資源と言われる「ヒト・モノ・カネ・情報」の流れが劇的に早くなっている時代において、自社の数字を素早く作成して、それを確認することは経営において必要不可欠です。

 

そのために、クラウド会計ソフトを駆使してワンタッチで会計帳簿を作成してリアルタイムの数字を常に確認できる状態にしておきましょう!

 

一昔前までは、税理士の記帳代行に全てを任せるしかありませんでしたが、市販の会計ソフトの登場、インターネットによる情報収集などにより自計化(税理士などに頼らず、自社で経理すること)も進んできました。

しかし、クラウド会計ソフトの登場により新たなステージが開かれたことも事実です。

 

運用上の課題もまだまだありますが、どのようにしてうまく活用していくのかを考えるべきではないでしょうか。

 

クラウド会計ソフト導入による7つのメリットを税理士が徹底解説

AI(人工知能)会計の時代にクラウド会計ソフトの導入は絶対条件

 

ワンタッチで会計帳簿を作成すること

クラウド会計ソフトを使用するための環境を整備することができれば、ワンタッチで会計帳簿を作成することも決して夢ではありません。

そうなれば、経理が劇的に楽になること間違いなしです。

 

しかし、クラウド会計ソフトをそのレベルで運用するためには、完璧なカスタマイズが必要になってきます。

 

そして、完璧なカスタマイズをするためには、

  1. クラウド会計ソフトのことをよく理解していること
  2. 会計・税務の知識が十分にあること

が求められます。

 

つまり、クラウド会計ソフトに精通した税理士が最適であるということです。

 

自社に適した完璧なカスタマイズをすることで、経理に関する作業量を1/10以下にすることも可能です。

「ワンタッチで会計帳簿を作成」というのは、嘘でもハッタリでもありません。

そこまでテクノロジーの進化が進んでいるということなのです。

 

リアルタイムの数字を確認すること

クラウド会計ソフトをうまく利用して、ワンタッチで会計帳簿を作成することができれば、今この瞬間のリアルタイムの数字を確認することも不可能ではありません。

過去の数字ではなく、今の数字を確認することで、決算対策・納税予測などの精度を高めることもできます。

つまり、会計を経営に役立てることができるというわけです。

 

経営において最も重要なことはお金の管理です。

 

  • 今いくら儲かっているのか
  • いくらお金を使うことができるのか
  • いくらお金を残しておかないといけないのか

ということを常に把握しておかなくてはなりません。

 

そういう意味でも、いつでもリアルタイムの数字を確認することができるクラウド会計ソフトは非常に優秀です。

 

また、税理士の記帳代行を卒業するためのいいキッカケにもなります。

記帳代行は良くも悪くも税理士に丸投げなので、過去の数字しか確認することができません。

 

税理士に記帳代行を丸投げすることのメリット・デメリットとは?

 

そして、記帳代行を請け負っている税理士事務所の担当者のほとんどが、税理士資格を持たない事務員にすぎません。

よく仕事をする優秀な人もいますが、これではお客様の経営の役に立つ付加価値の高いサービスの提供を受けることは難しいでしょう。

 

クラウド会計ソフトをうまく利用して、作業を極力減らして、数字と向き合う時間を確保するようにしていきましょう。

 

まとめ

クラウド会計ソフトの能力を最大限に引き出すことができれば、

  1. ワンタッチで会計帳簿を作成することができる
  2. リアルタイムの数字をいつでも確認することができる

ようになります。

 

まずは、クラウド会計ソフトの導入を検討してみましょう!

 

そして、完璧にカスタマイズされたクラウド会計ソフトの利便性を実感してみてください。

本当に作業量を1/10以下にすることも不可能ではありません。

 

また、過去の数字ではなく、いつでもリアルタイムの数字を確認することができるという安心感も味わってみてください。

今の数字に基づいて、未来のことをじっくりと考えることができます。

 

クラウド会計ソフトの導入は、ただのバックオフィス業務の効率化ではありません。

確実に経営の役に立つものであると言えるでしょう。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。