経理業務を効率化してこまめに数字を確認する意味と効果について

 

安定した経営を実現するためには、こまめに数字を確認する必要があります。

そのためには、経理業務を徹底的に効率化しておかなければなりません。

 

経理業務を効率化して、こまめに数字を確認する意味と効果について考えることは、経理の本当の目的を達成することにもつながります。

経理の時間は、毎日5分でOKです。

それだけで安定した経営を実現することができます。

 

経理業務の効率化

経理業務は絶対に効率化しておかなければなりません。

なぜなら、常に数字を確認することが安定した経営に繋がるからです。

数字を確認して行動と結果を振り返る必要があります。

 

そのためには、経理業務を効率化していつでも数字を確認できる状況にしておかなければなりません。

その時に数ヶ月も前の数字を確認しても全く意味がありません。

できるだけリアルタイムの数字を確認するべきです。

 

リアルタイムの数字を確認するためには、こまめに経理することが欠かせません。

そのためには、クラウド会計ソフトなどの便利なツールも積極的に利用するようにしましょう。

 

経理業務の効率化が、安定した経営を実現するための基礎となります。

 

クラウド会計ソフト導入による7つのメリットを税理士が徹底解説

クラウド会計ソフトを使って経理を効率化するために必要な3つのこと

 

こまめに数字を確認する意味と効果

経理業務を効率化する目的は、こまめに数字を確認するためです。

こまめに数字を確認することで、

  • いくら儲かっているのか
  • いくらお金を使うことができるのか
  • いくらお金を残しておかなくてはならないのか

ということを考えることができます。

 

この考えるということが経営であり、こまめに数字を確認する意味なのです。

お金がなくなってしまえば、経営を続けることはできません。

お金をきちんと管理するためにも、こまめに数字を確認しなければなりません。

 

また、それを継続していくことで、どうすれば儲かるのかということを数字をもとに考えるようになります。

この数字をもとに考えることができるというのが大切です。

経営者としての感覚よりも、きちんとした数字を確認する方が、経営は安定します。

 

こまめに数字を確認することは、経営の安定という効果を得ることに繋がるのです。

 

経理の本当の目的を達成することができる

経理業務を効率化して、こまめに数字を確認することで、安定した経営を実現することができます。

実は、それこそが経理の本当の目的なのです。

 

経理とは、経営管理の略称であり、経営を管理することが目的です。

経営を管理するとは、

  • いくら儲かっているのか
  • いくらお金を使うことができるのか
  • いくらお金を残しておかなくてはならないのか

ということを考えながら、どのような事業を展開していくのかを考えることです。

 

つまり、

  1. 経理業務の効率化
  2. こまめに数字を確認すること

この2つを続けていくことこそが、経営を管理するということなのです。

 

経理業務はただの作業ではありません。

徹底的に効率化して、リアルタイムの数字を確認するための重要な仕事なのです。

 

『毎日5分の経理を続けるだけでも経営は安定する』という意識を持って日々の経理業務に取り組んでみましょう。

 

まとめ

経理業務を効率化して、こまめに数字を確認することで、経営の安定を実現することができます。

なぜなら、

  • リアルタイムの数字を確認することができる
  • 素早い経営意思決定ができる
  • 経営者の感覚ではなく客観的な数字をもとにしている

などの要素がお互いに相乗効果を生み出して、経営を支えることができるからです。

 

経理業務をただの面倒な作業として終わらせてはいけません。

やり方と考え方を変えることができれば、経営を安定させることができます。

 

まずは毎日5分でOKです。

小さなことを積み重ねて、大きなことを実現しましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。