起業・独立後はじめての確定申告は税理士に相談しよう!

 

起業・独立して最初の確定申告は税理士に相談しましょう!

今はインターネットを使って様々なことを調べることができますが、正しい情報を見極める必要があります。

間違った情報、妙な噂話を信用してはいけません…

一度は税理士に相談して正しい知識を身に付けましょう!

 

起業・独立したら確定申告しなければならない

起業・独立したら絶対に確定申告しなければなりません!

サラリーマン時代は年末調整することにより税金が確定していましたが、自分で事業をはじめたからには確定申告をして税金を確定させる必要があります。

税金に関する間違った情報・妙な噂話
  • 起業・独立して数年間は申告しなくてもいい
  • 開業届を提出していないから申告しなくてもいい
  • ある程度の規模になるまで申告しなくてもバレない

このような間違った情報・妙な噂話は全部ウソ、絶対に信用してはいけません!

税務調査が来た時に困るのはあなたです…

正しい知識を身につけて、確実に確定申告をしておきましょう!

税金に関する噂話が正しい情報かどうか判断するために必要なこと

2017.11.06

 

税理士に相談して正しい知識を身につける

一度は税理士に相談しましょう!

はじめての確定申告は税理士に相談しましょう!

今はインターネットを使えば簡単に情報を手に入れることができます。

しかし、その情報が正しいかどうか自分で判断しなければなりません…

そして、日本では税金に関する教育が行われていませんので、ほとんどの人が税金に関する正しい知識を身につけれていません。

税金とは知らないだけで損するものです!

一生懸命頑張って稼いだお金を守るためにも、正しい知識を身に付ける必要があります。

一度正しい知識を身につけてしまえば、大きな問題は起こりにくくなりますので、起業・独立したら一度は税理士に相談して基本的なことだけでも確認しておきましょう!

個人事業者・フリーランスが最初に税務署に提出すべき書類とは

2017.08.07

税理士がオススメする誰でもできる簡単な領収書の整理・保管方法

2017.08.01

税金は知らないだけで損するもの!起業後に税理士をつける意味とは

2017.07.26

 

税務署に相談する際の注意点

税理士に相談すると報酬が発生してしまいますが、税務署であれば無料で相談に応じてくれます。

ただし、税務署に相談する際は以下のことに注意してください!

税務署に相談する際の注意点
  • 節税の方法は教えてくれない
  • 確定申告の方法を教えてくれるだけ
  • 税務署の職員が税金の正しい知識を持っているわけではない
  • 税務署のお墨付きをもらえるわけではない
  • 専門用語連発で理解できないかもしれない

税務署だからと言って、100%正しいことを教えてくれるわけではありませんし、間違った情報を提供することもあります。

そして、間違った情報により確定申告した責任は納税者自身にあり、税務署が責任を取ってくれるわけではありません!

税務署に相談するのもいいですが、所詮は無料の相談であり、タダより高いものはありません…

 

絶対にやってはいけないのは『申告しない』こと

起業・独立して一番やってはいけないのは『申告しない』ということです。

事業をして儲けがあるにも関わらず確定申告をしないということは、脱税しているということであり、脱税は犯罪です!

全く通用しません!
  • 申告する必要があると知らなかった
  • 脱税をするつもりはなかった
  • 知り合いが申告しなくてもいいと言っていた

残念ですが、これらの言い訳は一切通用しません!

脱税・無申告には非常に重い罰金が課税されますし、悪質な場合は逮捕される可能性もあります…

起業・独立したら絶対に確定申告をしておきましょう!

税金の無申告は必ずバレる!節税したいなら確実に確定申告するべき

2018.01.07

 

まとめ

起業・独立して最初の確定申告は税理士に相談しましょう!

一度正しい知識を身につければ、事業を継続していく限り、ずっとその知識を有効利用することができます。

間違った情報・妙な噂話を信用したり、無申告を続けていてはいけません…

一度税理士に相談するだけでも大きな問題は起こりにくくなります。

私も確定申告に関するご相談はいつでも受け付けていますので、お困りの方はお問い合わせください。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。