起業・独立した自分としなかった自分の両方を想像してみよう

 

  • 起業・独立したいと考えてはいるが、実際にやっていけるかどうか不安である。
  • いつまでたっても悩んだままで、結論を出すことができない。
  • 気がつけば、時間だけが経過している。

 

起業・独立を考えている人で、このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際に起業・独立するかどうかは別として、どこかのタイミングで結論を出さなければなりません。

 

今回は、起業・独立した自分としなかった自分の両方を想像してみることで、納得のいく、後悔しない結論を導き出す方法を解説してみたいと思います。

 

起業・独立した自分を想像してみる

起業・独立を考えているならば、実際に起業・独立した自分としなかった自分を想像してみましょう。

良いこと、悪いこと、すべてのことについて想像を膨らませます。

 

起業・独立してうまくいった自分は、どんな仕事をして、いくらお金を稼ぎ、どんな生活をしているのか。

それと同時に失敗した自分も想像してみましょう。

 

そうすることで、今の自分に足りないもの、必要なものが見えてきます。

そして、それをどのようにして自分のものにしていくのかということをじっくりと考えてみましょう。

 

また、起業・独立しなかった自分も同じように想像してみることも大切です。

 

できるだけ具体的に、リアルな想像ができるといいです。

なぜなら、実際に起業・独立するかどうかの判断をするためには、そのイメージを膨らませておかなければならないからです。

 

悩んでいても答えは出ません

起業・独立した自分、しなかった自分を想像できたからといって、簡単に結論を出せるものではありません。

しかし、いくら悩んでも答えは出ないということを知っておきましょう。

 

 考えるだけ無駄なこと

  • 起業・独立に必要な知識・経験・スキルを身につけてから
  • 何かしらの良いタイミングが来たら
  • 必要なお金が貯まってから

などということを考えがちですが、そのような日はいつまでたってもやって来ません。

 

どこかで自分自身で結論を出さなければならないのです。

しっかりとした結論を出して、それに向けた準備を具体的に進めていきましょう。

 

想像するためには情報収集が必要不可欠

起業・独立するかどうかという選択は、人生において大きな選択です。

自分自身で納得して、後悔しない結論を出すためにも、現実味のある想像をする必要があります。

 

しかし、ただの妄想や夢物語ではいけません。

できるだけ具体的でリアルな想像ができなければ意味がありません。

 

そこで必要になってくるのが『情報収集』です。

 

実現したい夢や目標、なりたい自分になるためには、一体何が必要で、どのように行動しなければならないのかということを具体的に考えていかなければなりません。

そして、お金に対する不安とも向き合う必要があります。

 

正しい情報を集めて想像を膨らませていくことで、取るべき行動が明確になり、不安も解消されます。

 

  • どんな情報が必要なのか
  • その情報をどこから得るのか
  • そして、どのように行動していくのか

これらについて、ひとつずつしっかり考えてみてください。

 

ここまでしっかり考えてから、納得のいく、後悔しない結論を導き出しましょう。

 

結論を出すことができれば、あとは全力で駆け抜けるだけです。

 

まとめ

起業・独立を考えたなら、起業・独立した自分としなかった自分の両方を想像してみましょう。

しっかりと情報を集めて、より具体的に、そしてリアルに想像を膨らませてください。

 

そうすることで、自分自身で納得のいく、決して後悔しない結論を導き出すことができるはずです。

 

この問題は、悩んでいるうちはいつまでたっても答えは出ません。

答えを出すつもりで、情報を集めて、想像を膨らませていかなければならないのです。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。