やるべきことを淡々とやり続けることで行動力は高まっていく

 

どんな大きな仕事を達成するのにも、小さな仕事をコツコツと積み重ねる以外に道はありません。

 

つまり、やるべきことを淡々とやり続けていくしかないのです。

 

その結果として行動力が高まり、仕事の成果に繋がるということは誰しも理解していることです。

では、実際にどうすればやるべきことを淡々とやり続けることができるのでしょうか。

 

行動力を高めて成果を得るために必要なこと

行動力を高めて仕事をこなしていくためには、やるべきことを淡々とやり続けることが一番の近道です。

そのためには、やらなければならないこと、やったほうがいいことを明確する必要があります。

 

そして、ただひたすら打ち込み続ける…

 

そうすることにより、迷いや悩みを断ち切って、前に進み続けることができます。

 

やるべきことを淡々とやり続けて、集中力して仕事に取り組むことで、確実に行動力を高めて成果を得ることができます。

 

やるべきことを淡々とするための準備

やるべきことを淡々とするためには、しっかりとした準備をしておかなくてはなりません。

なぜなら、やるべきことがわかっていないと集中して打ち込むことができないからです。

 

まずは、

  • 自分は何をしたいのか
  • 何をしなければならないのか
  • 何をすればもっとよくなるのか

ということをしっかりと考えてみましょう。

 

そして、それらに優先順位をつけたり、イレギュラーが発生した時にどのように対処すればいいのか、ということまで想像をふくらませていきます。

ここまでできれば、あとは実際にやるべき仕事として落とし込んでいき、ただひたすら淡々とやり続けるだけです。

 

このような小さな積み重ねこそが、行動力となり、仕事の成果となっていくのです。

 

確実に成果を上げるための方法

やるべきことを淡々とやり続けて行動力を高めるために、私も実践している簡単な方法をご紹介します。

ひとりクラウド税理士として、ひとりで仕事をする中で自分なりにルールを決めて、淡々と仕事をするための準備として毎日やっている方法です。

 

それは『今日やるべきことをリストアップして、それを淡々とやる』ただそれだけです。

 

しかし、これにはちょっとしたコツがあります。

 

 やるべきことを淡々とするための方法

  1. やるべきことに優先順位をつける
  2. 優先順位の高いものからやっていく
  3. ひとつの仕事が終わるまで、次の仕事はしない
  4. 全部終わらそうとしない
  5. ひとつでも終わらせることができれば、今日やるべき一番大事な仕事はできていると考える

このようにすることで、確実に仕事を前に進めることができます。

 

私は、このリストを付箋に書いてPCに貼り付けるようにしています。

この日(2017.10/17)は、4つのやるべきことをリストアップして、3つ目まで達成することができました。(4つ目のプールは、雨が降って寒かったのでサボってしまいました…)

 

実際に書き出さないにしても、このようなことを考えながら仕事をすることはとても大切です。

1つ1つの仕事に集中して取り組むことができますし、1つ仕事が終わるごとに達成感を味わうこともできます。

 

このように、やるべきことを淡々とやり続けるためには、ほんの少しの工夫が必要ではないでしょうか。

 

まとめ

やるべきことを淡々とやり続けることで、次第に行動力が高まり、集中して仕事に取り組むことができます。

それを毎日コツコツ積み重ね続けることでしか、仕事の成果を得ることはできません。

 

最終的に大きな目標を達成するためにも、日々の小さな目標を淡々とこなしていきましょう。

 

付箋に書き出す方法は、とても簡単ですのでぜひ試してみてください。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。