クラウド会計ソフトは導入しただけでは力を発揮することができません

 

クラウド会計ソフトは、ワンタッチで会計帳簿を作成して、リアルタイムの数字を確認することができます。

うまく使いこなすことができれば、経理を劇的に効率化することができます。

 

しかし、クラウド会計ソフトを導入しただけで、そのようなことができるわけではありません。

 

クラウド会計ソフトを魔法のようなソフトにするためには、その環境を整える必要があります。

 

これから導入される人、導入したがうまく使いこなせていない人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

クラウド会計ソフトは魔法のソフトではない

クラウド会計ソフトを使えば、ワンタッチで会計帳簿を作成することも決して夢ではありません。

しかし、そのためには様々な環境を整える必要があります。

 

クラウド会計ソフトは、とても便利なソフトですが、導入しただけでその力を存分に発揮する魔法のようなソフトでありません。

 

その力を存分に発揮させるためには、ある程度の手間がかかってしまいます。

それさえクリアすることができれば、本当にワンタッチで会計帳簿を作成してリアルタイムの数字を確認することができるようになります。

 

 会計帳簿を作成するための3つの方法

  1. 従来の会計ソフトを使って地道に入力する
  2. 税理士に記帳代行をしてもらう
  3. クラウド会計ソフトを使って楽をする

 

環境を整える必要があるとはいえ、どの方法により経理をすべきかは明白ではないでしょうか。

 

導入しただけでは使いこなせない

クラウド会計ソフトを導入しただけではその力を存分に発揮することはできません。

 

ワンタッチで会計帳簿を作成できるレベルにするためには、

  1. 完璧なカスタマイズ
  2. インターネットバンキングの導入
  3. 現金ではなくクレジットカードによる決済

など、いくつもの環境を整える必要があります。

 

これらの環境を整えることができれば、経理は劇的に効率化されて楽になります。

 

クラウド会計ソフトを効率よく使う方法

完璧なカスタマイズ

クラウド会計ソフトを効率よく使うためには、その事業者に適したカスタマイズをする必要があります。

 

  • A社からの入金は売掛金の回収
  • B社への支払いのうち、10万円は地代家賃、残りは水道光熱費

 

などなど、1つ1つの取引の内容をルールとして設定していくのです。

 

そうすることにより、一度ルールとして設定された取引については、次回からは自動で仕訳を作成することができます。

これを全ての取引について設定することができれば、わざわざソフトに仕訳を入力しなくてもよくなります。

 

このように、クラウド会計ソフトに自動で仕訳をさせるためには、完璧なカスタマイズが必要なのです。

 

インターネットバンキングの導入

完璧なカスタマイズにより、全ての取引についてルールを設定できたとしても、その取引自体をクラウド会計ソフトに取り込む必要があります。

その時に必要になってくるのが、インターネットバンキングです。

 

クラウド会計ソフトは、インターネットバンキングと連動させることにより、その取引を自動で取り込むことができます。

そして、自動で取り込んできた取引を、あらかじめ設定したルールに従って仕訳を作成していくわけです。

 

クラウド会計ソフトを効果的に使うためには、インターネットバンキングの導入は必須事項です。

 

ただし、インターネットバンキング化できていない口座についても、その取引をExcelなどのデータにしてクラウド会計ソフトに取り込ませることは可能です。

その際は、Excelなどに入力するという作業が必要になってきますので、取引数の多い口座についてはインターネットバンキングにしてしまいましょう。

 

現金ではなくクレジットカードによる決済

インターネットバンキングと同じように、クレジットカードによる取引についても、自動で仕訳をすることができます。

しかし、現金による取引については自動で取り込むことができません。

 

スキャナーを使って領収書を読み取らせることもできますが、読み取りの精度の問題もありますし、何しろ読み取らせるのに手間がかかってしまいます。

 

クラウド会計ソフトの能力を活かしたいのであれば、現金ではなくクレジットカードによる決済を心がけましょう。

 

まとめ

クラウド会計ソフトを導入しただけでは、その力を存分に発揮することはできません。

クラウド会計ソフトを使うための環境を整える必要があります。

 

 クラウド会計ソフトを効率よく使う方法

  1. 完璧なカスタマイズ
  2. インターネットバンキングの導入
  3. 現金ではなくクレジットカードによる決済

 

これらの環境を整えることができれば、ワンタッチで会計帳簿を作成して、いつでもリアルタイムの数字を確認することができるようになります。

 

このように、クラウド会計ソフトは、使い方次第で魔法のソフトになり得るものなのです。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。