節税はお金を残すためのひとつの手段であり決して目的にはならない

 

法人でも個人でも、事業を継続していくためには納税し続けなければなりません。

納税をしないということは、儲けがないということなので、いつかは経営破綻してしまいます。

 

しかし、無駄な税金を支払う必要はありませんので、適切な節税はしっかりとしておくべきです。

 

ここで考えて欲しいのが、なぜ節税するのかということです。

 

節税の本当の目的は、余計な税金の支払いを減らしてお金を残すことです!

 

税金を払いたくないから節税するのではありません。

本当の目的を見失わずに、しっかりとした対策を立てて計画的に行動していかなくてはなりません。

 

節税することが目的ではない

節税は、少しでも多くのお金を残すための手段であり、決して目的ではありません。

本来の目的を見失って、節税すること自体が目的になってしまってはいけないのです。

 

 節税が目的になってはいけない理由

  • 無駄な経費を使ってお金がなくなる
  • 無理な節税は、後々の税務調査で問題になる
  • 修正申告すれば罰金を支払わなければならず、余計な出費を増やすことになる

 

このように間違った節税をした結果、お金を残すどころか余計に使ってしまって、お金を減らしてしまうことになります。

 

そうなってしまわないためにも、「何のために節税するのか」ということをもう一度考え直す必要があるのではないでしょうか。

 

相反する2つのバランスをとること

節税する本当の目的は、少しでも多くのお金を残すことです。

決して、節税するためにお金を減らしてはいけません。

 

 相反する2つのバランス

  • 税金を減らす=儲けを減らす=お金を減らす
  • 税金を増やす=儲けを増やす=お金を増やす

 

本当に意味のある節税とは、この相反する2つのバランスをとりながら、お金を残す方法を考えることです。

 

どちらか一方に偏ってはいけません。

とくに税金を減らす方向へもっていくのは、お金を減らすことになってしまいます。

 

少しでも多くのお金を残すという意味では、過度な節税は絶対に控えなければならないのです。

 

素人の話を信用してはいけない

節税の本当の目的を達成するためには、税金を支払いたくないという思いを抑えながら、経営者として数字と向き合っていかなければなりません。

これは、ただの綺麗事でも、理想論でもありません。

 

まぎれもない事実なのです!

 

税理士として断言しますが、

  • 税金を支払わないこと
  • お金を残すこと

この2つを両立することは不可能です。

 

 こんな話は要注意!

  • 「知り合いの社長からいい節税方法を聞いた」
  • 「税務調査でもバレなかった」
  • 「他はみんなやっているから大丈夫」

 

このような話もよく聞きますが、絶対に信用してはいけません!!

 

節税の方法はある程度限られていますが、その取り扱いについてはケースバイケースであり、A社とB社で全く同じというわけではありません。

 

素人の噂話、前提条件の欠落した話など、全く信憑性がないので聞き流してください。

節税とは、そんな簡単なものではありません。

 

本当の目的を明確にして、相反する2つのバランスをとりながら意思決定していくという極めて難しい問題なのです。

 

まとめ

節税は、お金を残すための手段であり、目的ではありません。

  • 税金を支払いたくない思いが強すぎる
  • 税金に対する正しい知識がない

などの理由から、盲目的になり無駄な節税を繰り返してお金を減らしてしまってはいけません。

 

  • 税金を減らすこと
  • お金を残す、増やすこと

 

この相反する2つのバランスをとりながら、余計な税金を払わないことが何よりも大切です。

決して、税金の支払いを減らすことだけを考えないようにしてください。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。