領収書・レシートがあったとしても経費に計上することはできません!

 

『領収書・レシートがあれば何でも経費に計上することができる!』

と勘違いしていませんか?

領収書・レシートがあったとしても経費に計上することができないこともあります。

税理士の仕事をしていると「あっ、これは経費に計上できませんよ…」というものをしょっちゅう見かけます。

一体どのような領収書・レシートが経費に計上することができないのでしょうか。

 

領収書・レシートがあるから経費に計上できるという訳ではない

経費で計上するためには、領収書の保存は絶対に必要です。

しかし、領収書があるからといって何でも経費に計上できる訳ではありません!

経費に計上するためには『証拠』と『理由』を揃える必要があり、どちらか一方が欠けてしまっただけで経費に計上することができないのです…

例えば、領収書という『証拠』があったとしても『理由』が伴わなければダメですし、『証拠』としての能力がない領収書も同じです。

経費に計上できない領収書
  • プライベートの領収書
  • 人からもらった領収書
  • 白紙の領収書
  • 分割した領収書
  • 架空の領収書

これらはどれも『証拠』と『理由』の両方を満たしていないため、経費に計上することはできません。

税務調査で指摘を受けて罰金を支払わされるのがオチです…

『ダメなものはダメ!』と割り切っておきましょう。

 

プライベートの領収書

当然ですが、プライベートの領収書を経費に計上することはできません。

家族、友人との食事代、自宅で使用する家電、スマホ代、ガソリン代などなど…

あげればキリがありませんが、仕事で使用したもの以外の領収書を経費で計上できる道理はありません。

バレなきゃいいだろう、他の人もやっているから大丈夫、という考えは非常にキケンです!

知らず知らずのうちにエスカレートしていき、歯止めが効かなくなってしまいます。

プライベートの領収書を経費に計上したところで安くなる税金などたかが知れています…

しょーもない罰金を支払うことがないように、仕事とプライベートの区別はキッチリとしておきましょう!

 

人からもらった領収書

人からもらった領収書を経費に計上することはできません。

自分で支払っていないものを経費に計上するなど、どう考えてもおかしいですし、厳密に言うと完全に脱税してしまっています…

『領収書を使うことないからあげるよ!』と親切に領収書をくれる人がいますが、心を鬼にしてキッパリと断ってください。

こんなセコいことしている暇があるなら、もっと仕事してガッポリ稼ぐことを考えましょう!

 

白紙の領収書

領収書に記載すべき項目として、次の5つがあります。

領収書に記載すべき5つのこと
  1. 誰が
  2. いつ
  3. どこで
  4. 何を
  5. いくらで

これらの記載がある領収書が『証拠』としての能力がある領収書であり、どれか1つでも欠けていれば経費として計上することはできません。

その代表例としてよく見かけるのが『商品代と書かれた百貨店の領収書』です。

レシートを見られると何を買ったのかがバレてしまうので、わざわざ領収書を発行してもらっているのでしょうが、『これは経費にできない領収書ですよ』と自白しているようなものです!

税理士や税務署の職員など、ちょっと知識のある者が見れば一目瞭然です…

全く意味のない行為ですのでやめておきましょう!

 

分割した領収書

分割した領収書とは、本来1枚の領収書に記載すべき金額を複数の領収書に分割して記載した領収書のことです。

なぜこのようなことをするかというと、10万円以上(青色申告をしている場合には30万円以上)のモノを買うと減価償却をしなければならず、一度に全額を経費に計上することができなくなるからです!

そのモノの販売店は快く領収書を分割してくれますが、いざ税務署が調べに行くと本当のこと話します…

つまり、いい顔をしていても簡単に裏切られて不正がバレてしまうということです!

領収書を分割しても経費に計上できる金額には違いはありません…

これもあまり意味のある行為とは考えられませんのでやめておきましょう!

 

架空の領収書

ここまでに紹介してきた領収書を経費に計上することについては、ちょっとした出来心、魔が差しただけと言うことができますが、架空の領収書を経費に計上することだけは絶対にやってはいけません!

架空の領収書を経費に計上することは非常に悪質な脱税行為とみなされるため、最悪の場合は逮捕されることも考えられます…

その中でもよくある手法が、架空の外注費を赤字の会社に支払って裏でキックバックしてもらうという方法です。

これらはいくら巧妙に企てたとしても、確実にバレますし、手口が悪質であると認められた場合には間違いなく起訴されます!

そうなればあなたの社会的信用は地に堕ちてしまい、事業を継続することすら困難になってしまいます。

架空の領収書を経費に計上するようなバカなマネは絶対にやってはいけません!

 

まとめ

領収書・レシートがあるからといって何でもかんでも経費に計上することはできません!

経費に計上するためには『証拠』『理由』を揃える必要があり、2つのうちどちらが欠けてもいけません…

そして、今回紹介した領収書については『証拠』としての能力がないもの、経費に計上するだけの『理由』が伴わないものばかりです。

経費に計上できる領収書とは『仕事で使用した証拠能力のある領収書』のことです!

今あなたが持っているその領収書は経費に計上することができる領収書ですか?

領収書を経費に計上できるかどうか?経費で落とすための2つの基準

2017.04.11
サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。