開業freeeを使って個人事業者の開業手続きをやってみよう

 

個人事業者・フリーランスとして起業すると、いくつか提出しなければならない書類があります。

一般的には、

  1. 個人事業者の開廃業等届出書
  2. 青色申告承認申請書
  3. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  4. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書
  5. 青色事業専従者給与に関する届出書

これら5つの書類を提出することになっています。

 

これらの書類を提出する意味、提出期限などについては、個人事業者・フリーランスが最初に税務署に提出すべき書類とはで詳しく解説していますので、そちらを参照ください。

今回は、これらの書類を税理士に頼まなくても、自分で作成することができるサービスをご紹介します。

 

提出すべき書類を簡単に作成することができますのです、一緒にチャレンジしてみましょう!

 

開業freeeで簡単に作成できる

開業freeeを使えば、個人事業者・フリーランスとして起業した時に、提出しなければならない書類を簡単に作成することができます。

開業freee|個人事業の開業手続きが無料・簡単・最速

 

ネットで必要事項を記入して、そのまま印刷することができます。

質問に答えるだけなので、特別な知識は必要ありません。

まずは、メールアドレスとパスワードを設定していきましょう。

 

さっそくチャレンジしてみよう

メールアドレスとパスワードを設定したら、このような画面になります。

これらの質問に答えていくだけで、どの書類が必要かを判断してくれます。

ひとつずつ、しっかりと答えていきましょう。

 

全てチェックマークが入ったことを確認して、【次へ】進みましょう。

 

次は、実際に提出すべき書類に記載すべき事項について答えていきます。

先程と同じように、順番に質問に答えていきましょう。

 

特に問題ないかと思いますが、

  • 所得の種類
  • 給与を支払う家族
  • 確定申告の種類

このあたりは、しっかりと考えて答えてください。

全てチェックマークが入ったことを確認して、【書類を提出する】へ進みましょう。

 

ここでは提出先を選択します。

すでに入力した情報から、ある程度の予測をつけて候補をリストアップしてくれます。

納税地の所轄税務署を調べて、間違いないかを確認してください。

 

ここまで確認することができれば、【書類を確認する】へ進みましょう。

今回のケースでは、

  • 個人事業者の開廃業等届出書
  • 青色申告承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書
  • 青色事業専従者給与に関する届出書

これら5つの書類を提出する必要があります。

 

個人事業者の開業廃業等届出書

 

青色申告承認申請書

 

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

 

源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書

 

青色事業専従者給与に関する届出書

これらの書類については、質問に答える以外のことは一切していません。

このように、質問に答えるだけで提出すべき書類が簡単に出来上がってしまいました。

 

押印してマイナンバーを記載する

あとは、印刷してから押印してマイナンバーを記載するようにしましょう。

このようなガイダンスがありますので、一緒に印刷しておくと助かります。

 

まとめ

個人事業者・フリーランスとして起業すれば、これらの書類を提出する必要があります。

税理士に頼むことができれば問題ありませんが、自分で作成するとなると面倒ですし、記載方法がわかりづらいこともあります。

 

そんなときは、ぜひこのようなサービスを利用してみましょう。

 

簡単な質問に答えるだけで、必要な書類を選択して、必要な事項を記載してくれます。

しかも、無料で使用できて、時間も15分ほどしかかかりません。

 

開業freeeを使えば簡単に個人事業者の開業手続きを済ませることができますので、ぜひチャレンジしてみましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。