経理業務を効率化することにより得られるものについて考えてみよう

 

ここ数年、経理業務をできるだけ効率化していこうという流れが来ています。

  • クラウド会計ソフトによる会計帳簿の作成
  • バックオフィス業務の効率化
  • AIなどのテクノロジーの有効活用

などの言葉を耳にする機会がとても多くなって来ました。

 

なぜこれほどまでに効率化が求められるのでしょうか。

実は、ただ効率化して楽をしようというだけではありません。

 

経理を徹底的に効率化することで得られるものがあるのです。

 

そこで今回は、経理業務を効率化することで得られるものについて考えてみたいと思います。

 

経理業務を効率化することにより得られるもの

経理業務を効率化することで得られるものが、2つあります。

それは、『時間』『お金』です。

 

時間をつくる

まず、経理業務を効率化するとことで、まとまった時間を確保することができます。

経理は、事業活動を続けていくためには避けることができないものです。

そして、どうしても作業するための時間が必要になって来ます。

 

この作業を徹底的に効率化して、時間を捻出しなければなりません。

なぜなら、時間はお金よりも大事な限りある資源だからです。

 

お金はいくらでも増やすことができますが、時間を増やすことは誰にもできません。

効率化できるところは徹底的に効率化して、時間をつくる努力をしていきましょう。

 

お金を生み出す

経理業務を効率化することで、お金を得ることもできます。

なぜなら、

  • 経理の時間を本業に充てることができる
  • 経営に役立つ数字を確認することができる
  • 結果として売上・利益のアップにつながる

このような効果を得ることができます。

 

直接的ではないにしろ、これらは経理業務を効率化することでしか生まれない効果です。

ただ効率化して楽をするということだけではないのです。

 

経理業務を効率化すべき理由とは

経理業務には、『時間』と『お金』を生み出すこと以外にも、効率化しなければならない理由があります。

それは、経理は一定のルールに従って処理できるものであり、効率化できるところがたくさんあるからです。

 

経理というのは、何もないところから何かを生み出すクリエイティブな仕事ではありません。

きちんとしたステップを踏めば、誰にでもできる仕事です。

このような仕事こそ効率化していくべきなのです。

 

そして、テクノロジーの進歩により、そのような仕事をいつまでも人間がしていても生産性は上がりません。

機械に任せることができるものは機械に任せて、もっと人間にしかできない仕事をしていくべきなのです。

 

これからは、そのようなところに価値が生まれ、『時間』や『お金』を生み出していくことが求められます。

 

その意味でも、経理業務は徹底的に効率化していかなければなりません。

 

効率化の仕組みをつくること

経理業務を効率化することで、このようないい流れをつくることができます。

 経理業務を効率化することで得られるいい流れ

  1. 経理業務を徹底的に効率化する
  2. 作業が簡単になり、時間もかからない
  3. こまめに経理業務をすることが苦にならない
  4. こまめに経理することで、リアルタイムの数字を確認することができる
  5. 経理を経営に役立てることができる

このような流れをつくるためにも、経理業務を効率化するための仕組みをつくる必要があります。

今までよりも時間を割いて経理業務に取り組んでも意味はありません。

 

ポイントとしては、

  1. 作業を工夫すること
  2. 毎日少しずつ作業を進めること

の2つです。

 

作業を工夫すること

経理業務を効率化するのに最も大切なのが、作業を工夫することです。

具体的には、会計ソフトなどのツールを工夫して使うということですが、私のオススメはクラウド会計ソフトの導入です。

詳しくは、クラウド会計ソフト導入による7つのメリットを税理士が徹底解説で解説していますが、経理業務を効率化したいのであればこれが最も効果的な方法です。

 

他には、

  • Excel・会計ソフトのスキルを磨く
  • 簿記の知識を深める
  • 資料の整理を工夫する

などが考えられます。

どの方法なら取り組むことができるのかを一度考えてみてください。

 

経理業務を効率化するための便利なツール・知識・スキルをどう使うかを考えることが大切です。

 

毎日少しずつ作業を進めること

作業を工夫して効率化していくのと同時に、その取り組み方についても考えてみましょう。

経理業務がうまく進まない最大の原因は、作業を溜め込んでしまうことです。

一つ一つの処理は、簡単で時間もかかりませんが、それが、1ヶ月、1年と溜まってくると手がつけられなくなってしまいます。

 

作業を効率化することができれば、経理が簡単になって苦にならなくなります。

そうすれば毎日経理することができるようになり、さらに処理スピードが速くなって効率化することができます。

 

このように毎日少しずつ作業を進めるだけでも、経理業務を効率化することができます。

日々の取り組む姿勢を見直してみるのも大切なことです。

 

まとめ

経理業務を徹底的に効率化することにより、『時間』と『お金』を生み出すことができます。

そして、これらは積極的に効率化しようとしなければ手に入りません。

 

また、経理業務というのは環境を整備すれば効率化できるところが多いです。

きちんとした効率化の仕組みをつくることができれば、あなたにしかできない仕事に集中することができます。

それが、テクノロジーの進歩にも負けないあなた自身の強みになって、『時間』も『お金』も生み出すことに繋がります。

 

経理業務を効率化することは、ただ作業を減らして楽にするだけではありません。

どんな仕事にとっても一番大切なものを得ることに繋がっているのだということを忘れないでください。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。