税務調査の負担を軽減するためには税理士に立会を依頼すべきである

 

税務調査は、納税者に大きな負担をかけてしまいます。

納税者自身で対応することも可能ですが、それなりの覚悟が必要です。

 

できれば、その負担を軽減するためにも、税務調査について、正しい知識と経験をもった税理士に立会を依頼するようにしましょう。

 

税理士に立会を依頼することで、確実に納税者の負担を軽減することができます。

 

餅は餅屋

 

税理士に対する報酬は必要ですが、プロに任せてしまった方が安全・安心です。

 

税務調査の3つの負担

個人事業者でも、法人でも、事業を継続している限り、税務調査は必ずやってきます。

そして、税務調査は、納税者に大きな負担を強いてしまいます。

 

 税務調査の3つの負担

  1. 税金の負担
  2. 時間の負担
  3. 精神的な負担

 

税務調査の結果、修正申告書を提出することになると、追徴税額を支払わなければならず、税金の負担が発生します。

また、税務調査の事前通知から調査終結までに、場合によっては数ヶ月という期間の時間の負担も生じます。

そのような状況では、納税者に精神的な負担もかかってくるため、税務調査は辛く、苦しく感じてしまいます。

 

このような税務調査による負担を少しでも軽減するためにも、税理士に調査の立会を依頼するべきです。

 

不安を抱えたまま、ひとりで対応するよりも確実に負担を軽減することができます。

 

税理士に立会を依頼すべきである

税理士に税務調査の立会を依頼することで、納税者の負担は大幅に軽減することができます。

税理士に立会を依頼することで、税務調査の3つの負担がどのように軽減されるのかを確認していきましょう。

 

税金の負担

まず、税金の負担については、税理士がいることで税務署と対等な関係で交渉することが可能になります。

 

税務調査の目的は、正しい申告ができているかどうかですが、調査官の本音は、追徴税額が取れるかどうかです。

つまり、最初から疑いの目をもってチェックしてきます。

 

返答を間違えると、経費の一部が認められないということもあり得ます。

そうならないためにも、税法について正しい知識があり、交渉することができる税理士に立会を依頼すべきなのです。

 

時間の負担

次に、時間の負担についてですが、税務調査というのは、1日で終わるわけではありません。

実際に会社や事務所に、調査官がやってくるのは1日だけかもしれません。

 

しかし、最初の事前通知から調査終結まで、早くて1ヶ月、場合によっては3ヶ月くらい時間がかかることもあります。

 

その間に何度も税務署とやりとりするわけですが、税理士に立会を依頼することで、全てを任せることができます。

 

実際には、税理士が、税務署と納税者の間の窓口となり、必要に応じて対応していくことになります。

税理士がいないと、その都度、自分自身で税務署とやりとりしなければならないため、時間がいくらあっても足りません。

 

税務署との交渉、事務的なやりとりを全て税理士に任せて、本業に集中しましょう。

 

 一般的な税務調査の流れ

  1. 事前通知
  2. 実地調査
  3. 資料のやりとり、確認
  4. 交渉
  5. 修正申告

 

精神的な負担

精神的な負担は、税務調査の負担として、一番大きなものです。

納税者の気持ちを考えれば、

  • いくら税金をもっていかれるんだろう?
  • あの経費は認めてもらえるのか?
  • 税務署と交渉するにしても、話が難しくてよくわからない

このような不安に襲われるのも無理はありません。

 

しかし、税理士がいれば、数々の税務調査を経験しているため、ある程度の予測がつきます。

そして、どのように対応すべきかも十分理解しています。

 

このように、税理士に立会を依頼することで、わからないことからくる不安を解消することができます。

 

税務調査による精神的な負担は、軽減することができるのです。

 

税務調査について納税者が知っておくべきこと

税務調査の負担を軽減するためには、税理士に立会を依頼するべきです。

しかし、その前に納税者の方にも、知っておいていただかなければならないことがあります。

 

税務調査に詳しい税理士

まずは、『全ての税理士が税務調査に詳しいわけではない』ということです。

 

税務調査の対応には、ある程度の経験が必要です。

これは、税理士として必要なスキルではありますが、全ての税理士が兼ね備えているというわけではないのです。

 

それを見極めるためにも、その税理士の考え方、サービス内容などを十分に検討しておきましょう。

今は、ブログやホームページなどで、それらの情報を確認することもできますので、参考にしてみてください。

 

不正を容認することはできない

次に、『脱税などの不正を容認することはできない』ということです。

 

よく勘違いされるのですが、税理士は税務署にバレない方法を教えてくれる存在ではありません!

 

明らかに黒いものを白にすることはできませんし、それを税理士が指導することなどありえません。

税理士が、納税者の味方となって、税務調査の立会をするのは、本当は白いものを知識がないために黒になってしまわないようにするためです。

 

かといって、税務署の言いなりというわけではありません。

あくまで、税理士は第三者であり、情報弱者の納税者の味方というスタンスです。

 

そのあたりを勘違いされると、税務調査の立会を税理士に依頼する意味が違ってきますので注意が必要です。

 

まとめ

税務調査は、納税者にとって大きな負担になります。

その負担を少しでも軽減するためにも、税理士に税務調査の立会を依頼するようにしましょう。

 

 税理士に依頼することで軽減できる3つの負担

  1. 税金の負担
  2. 時間の負担
  3. 精神的な負担

 

しかし、税理士も万能ではありませんし、不正を容認することはできません。

 

税理士に税務調査の立会を依頼する意味と目的をしっかりと確認しておきましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。