税理士が考える失敗しない税理士の選び方と探し方【完全保存版】

 

  • 良い税理士探してるんだけど、どうやって探せばいいのかわからない
  • 税理士の変更を考えてるんだけど、どこかに良い税理士いないかな
  • 良い税理士がどんな税理士かわからない

このようなお悩みをお持ちのあなたに、税理士が考える失敗しない税理士の選び方と探し方をお教えします!

良い税理士を選ぶためには、まず「良い税理士」というものを知る必要があります。

そして、良い税理士というものを知ってから正しい方法で探すことができれば、きっと「あなたにとっての良い税理士」を見つけ出すことができるはずです。

とくに難しいことはありませんので、税理士選び・税理士探しの参考にしてみてください。

 

税理士は先生業ではなくサービス業

良い税理士の条件として、

良い税理士の条件
  • しっかりとした決算対策を行ってくれる
  • 適切な節税の提案をしてくれる
  • どんな時でも納税者の味方でいてくれる

なんてことがよく言われますが、これは税理士としての基本的な能力であり、最低限求められる資質であるため、これらの要素を満たしているだけでは決して良い税理士とは言えません…

では、どのような税理士が本当に良い税理士と言えるのか?

それは税理士業を先生業ではなく、専門知識・スキル・ノウハウなどをお客様に提供するサービス業として行なっているかどうかです。

お客様からすれば、「そんなこと当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、そうでない税理士が非常に多いのが現状です…

「本当に良い税理士=サービス業としての意識が高い税理士」には共通した3つの特徴がありますので、ひとつずつ見ていきましょう!

税理士に対する不満を聞くとサービス業としての意識を刺激される

2017.07.15

 

よく話を聞いてくれる税理士

税理士はフリーランスの個人事業者や中小企業にとって、唯一の外部の専門家であることが多いです。

関係が近すぎることもなく遠すぎることもないので、相談相手として最も適した距離にいます。

そして、本当に良い税理士というのはそのことを十分に理解しています。

理解した上で、お客様の悩みをうまく聞き出し、その悩みをどうすれば解決できるかを一緒に考えてくれます。

良い税理士、優秀な税理士は、例外なくお客様の話をよく聞いてくれる聞き上手な税理士であり、お客様からの相談を喜んで受けてくれます!

質問によりお客様の悩みを聞き出す力が税理士には必要である

2017.10.19

 

説明がわかりやすい税理士

税理士は税法という法律を扱う法律家です。

税理士同士で話をしていると、数字と専門用語が飛び交うため、一般の方が聞くと日本語を話しているようには聞こえないでしょう…

これが税理士同士の話であれば全く問題ないのですが、お客様に対してもその調子で話をする税理士が結構存在します!

専門用語を並び立て、細かい数字の話になると目を輝かせて話し出します。

しかし、お客様は法律家でもありませんし、税法に詳しいわけでもありません…

難解な税法をお客様にいかにしてわかりやすく説明できるかが税理士の腕の見せ所なのです。

腕の良い税理士ほど、専門用語を使わず、わかりやすく説明してくれます!

 

レスポンスが早い税理士

経理の処理方法、税法上の取り扱いなど、お客様が税理士に問合せをする機会は多いです。

そして、良い税理士ほどその問合せに対するレスポンスがメチャクチャ早くて正確です!

全ての問合せに完璧に回答できないにしろ、「詳しく調べる必要がありますので2、3日時間をください」と具体的な時間を示した上できちんと回答してくれます。

そのような税理士に対しては、お客様も気軽に問合せや相談ができるので、ドンドン信頼関係を深めることができます。

このようにレスポンスが早い税理士は、お客様との信頼関係を深めることが非常に上手です。

信頼関係を深めることができる税理士こそ、本当に良い税理士であるといえます。

 

ダメな税理士に共通する3つの特徴

良い税理士の条件としてサービス業としての意識が高いかどうかという話をしましたが、今度はこんな税理士には注意してください!というダメな税理士に共通する3つの特徴について話していきます。

こんな税理士には絶対に引っかからないように注意してください!

 

自慢話をする・自分を大きく見せようとする税理士

税理士に限ったことではありませんが、自慢話をする税理士・自分を大きく見せようとする税理士には気をつけてください。

聞いていて気持ちのいいものではないことは言うまでもありませんが、税理士がお客様に対してそのようなことをする意味はありません。

自分は凄いんだということをアピールして、お客様の信頼を得ようとしているのでしょうが、完全に間違っています!

本来、自分をアピールしてお客様の信頼を獲得するためには、

  • どんなサービスを提供することができるのか
  • それによりどんなメリットがあるのか
  • 今後どのような問題が生じる可能性があり、どのように対応していくのか

など、税理士として提供できるサービスを提示しながらも、お客様の立場になって考える必要があるのですが、自慢話が多い税理士・自分を大きく見せようとする税理士は、それを考えることすら完全に放棄してしまっています。

そのようなダメな税理士に仕事を頼むのは絶対に避けてください!

税理士の自慢話を完全否定!
  • 税務調査で税務署をやっつけてやった ← 税務調査はケースバイケースなので過去の栄光は関係ない!
  • うちの事務所はこんなに大きな会社の顧問をしてますよ ← 大きいから凄い、小さいから駄目ではないので関係ない!
  • ゼロからスタートしてこんなにも事務所を大きくしたんだ ← 事務所の大きさは関係ない!

 

偉そう、怒鳴る、叱りつける税理士

一般的にお客様に対して偉そうな態度をとる怒鳴る叱りつけるなんてこと普通考えられませんよね…

驚くことに税理士業界ではよくあります!

偉そうな税理士がよく言う信じられない発言
  • こんな簡単な事もわからないのか!
  • そんなことしているからダメなんだよ!
  • 期限までに資料を提出してくれないと困るよ!

このような発言するのは主に年配の税理士なのですが、若い頃から「先生」と呼ばれていることから、税理士を先生業だと完全に錯覚してしまっているのです…

そして、自分の言うことを聞かないお客様は、お客様ではないと考えています。

そうなればもう信頼関係も何もあったもんじゃありません。

そのようなダメな税理士とは即刻縁を切ってしまいましょう!

怒鳴る・叱る・偉そうな態度の税理士には十分に注意してください

2017.11.08

 

見た目がよくない税理士

何度も言いますが、税理士は先生業ではなくサービス業です。

見た目や立ち振る舞いがあまりにもだらしない場合は、サービス業としての意識が高いとは言えません!

そもそも自分自身の管理ができていないのに、お客様の利益や資産の管理ができるとは到底思えませんからね…

別にイケメンや美女を選べと言っているわけではありませんし、税理士としての威厳や風格がなくても大丈夫です。

身なりや立ち振る舞いに気を使っており、清潔感のある人を選びましょう。

ちなみに、私が今まで出会った優秀な税理士は男女問わず色気がある人が多く、人として魅力的な方々ばかりでした。

 

税理士の選び方、探し方

ここまでの話で、良い税理士とはどんな税理士なのか、ダメな税理士とはどんな税理士なのか、ということが大体ご理解いただけたかと思います。

では実際にどのようにして税理士を探せばよいのでしょうか?

答えは「税理士のブログ・ホームページをチェックする」ただそれだけです!

最近では、ブログやホームページを運営している税理士が多いので、「税理士+〇〇」で検索すればたくさん出てきます。

得意な税法、得意な業務、税理士としてのスタンスや考え方など、様々な情報発信をしていますので、お気に入りの税理士を探してみましょう!

 

ブログ・ホームページをチェック

では、税理士のブログ・ホームページのどこを見れば良いのでしょうか?

具体的には、以下の3つのポイントに絞ってチェックしてみてください。

税理士のブログ・ホームページの3つのチェックポイント
  1. 相談しやすそうか
  2. 説明がわかりやすいか
  3. 生き方、考え方に共感できるか

これらのポイントを押さえながら、「この税理士に相談してみたい!」と思う税理士を探してみましょう!

 

事務所の規模、料金、サービスなどをチェック

次に、税理士の事務所の規模、料金、サービスなどをチェックしましょう。

大規模な税理士法人から、個人事務所まで、それぞれに特徴があります。

受けたいサービスや料金などを参考にしながら選ぶと良いでしょう。

 大規模税理士法人

  • 比較的大きな法人を扱っていることが多い
  • 相続、組織再編、国際税務など高度な税法にも対応している
  • 所長が直接業務を行うことはなく、基本的には担当者任せ(担当者でも税理士資格を有している人もいる)
  • 料金は高め
 中規模税理士法人、中規模個人事務所

  • 個人事業者でも法人でも何でもやります
  • 中には高度な税法にも対応している事務所もある
  • 所長が直接業務を行うことはなく、基本的には担当者任せ(担当者が税理士資格を有していることは少ない)
  • 料金はピンキリ
 ひとり税理士事務所←私はココです

  • 個人事業者も法人もやりますが、業種を絞っていることもある
  • 得意な税法、得意な業務に特化している事務所も多い
  • ひとりで仕事しているため、税理士自身が担当者
  • 料金は比較的低めだが、専門特化していれば高い
  • 若い税理士が多い

それぞれにメリット・デメリットが存在しますので、一概にどれが良いかという話ではありません。

あなたが受けたいサービスを提供しており、納得いく料金設定であるかを確認するとよいでしょう!

税理士の得意分野と受けたいサービスを一致させてから仕事を依頼する

2017.10.30

 

税理士を紹介してもらう場合に注意すべきこと

税理士を探す方法として、「誰かに税理士を紹介してもらう」という方法がありますが、税理士を紹介してもらう場合には注意が必要です。

税理士の仕事は、お客様の財布の中身を見る仕事であるため、信頼関係の構築は必要不可欠です…

しかし、税理士がいくら優秀であっても人間である以上、相性の良し悪しは必ず存在します。

相性が悪ければ信頼関係を構築することが容易ではないため、なかなか長続きしません。

そうなれば、あなたに税理士を紹介してくれた人にも申し訳が立ちませんし、それを理由に良い税理士に変更できないのも辛いものです…

誰かにとって良い税理士であっても、あなたにとって良い税理士でなければ意味はありませんので、税理士を紹介してもらう場合には十分に注意しておきましょう!

 

気になる税理士がいたら問合せ、面談をしてみよう!

ブログ・ホームページをチェックして、気になる税理士がいたら問合せ、面談をしてみましょう!

見た目、話しやすさ、事務所の雰囲気など、実際に会ってみないとわからないことも多いです。

その税理士が、「本当に良い税理士なのか?」を実際に会ってみて、あなたの基準で確かめてください。

そして、できれば複数の税理士と面談して、その中から最も良い税理士を選ぶことをオススメします。

その際に注意しておくべきポイントは、税理士自身が担当してくれる場合はよいのですが、事務所の職員が担当者になる場合は、その担当者にも会っておいてください。

普段のやり取りをするのはその担当者なので、税理士資格はなくても、良い税理士を選ぶ基準で判断する必要があります。

ぜひ優秀な担当者、良い税理士の卵を探し当ててください。

 

まとめ

良い税理士を探すためには、まず良い税理士を知ることから始めましょう!

あなたにとっての良い税理士を知った上で、ブログ・ホームページをチェックすることで、税理士とお客様のミスマッチを防ぐことができます。

サービス業としての意識が高く、料金などの条件が合う税理士の中から最も気に入った税理士を選んでください。

もし迷った場合は、

税理士選びで迷った時は
  • 時には耳の痛い話もしてくれるか
  • 最終的にお金をたくさん残す方法を考えてくれるか
  • 相性が合うか

ということを重視するといいでしょう!

税理士は、一度契約するとどうしても付き合いが長くなってしまいます…

妥協することなく、あなたにとっての良い税理士を追求してください!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。