毎月の顧問料が高い!税理士の報酬の内訳について考えてみよう

 

『毎月の顧問料が高い!』

あなたも税理士の報酬が高いことに不満をお持ちではありませんか?

税理士の報酬は内容が不透明でわかりにくいとことが多いですが、大きく分けて3つに区分することができます。

提供するサービスによって3つのバランスが異なり、それが税理士の特徴として現れます。

税理士の報酬の内訳を確認して、どのようなサービスを受けたいのかをもう一度考えてみましょう。

 

税理士の報酬の内訳

税理士の報酬は3つに区分することができます。

  1. 顧問料
  2. 記帳代行料
  3. コンサルティング料

そして、提供するサービスによりその内訳が異なってきます。

それぞれのサービスの内容について確認してみましょう。

 

顧問料

税理士に顧問料を支払うことで、いつでも、何度でも、税理士に相談することができるようになります。

もし顧問契約をしていなければ、単発での相談として、その都度相談料が発生してしまいます。

また、顧問料には毎月の面談料も含まれています。

面談に要する時間、交通費などの経費もかかっているので仕方ありません。

ただし、税理士の報酬の内訳の中で顧問料が占める割合はそんなに高くはありません。

 

記帳代行料

記帳代行とは、税理士に領収書などの資料を渡して会計帳簿を作成してもらうことです。

資料を整理して会計ソフトに入力する必要があるので、それなりのコストが発生してしまいます。

税理士に全てを丸投げしているような場合には、報酬のほとんどが記帳代行料ということになります。

また、クラウド会計ソフトなどを使って自計化している場合でも、ある程度のチェックは必要なので記帳代行料がゼロになることはありません。

 

コンサルティング料

税理士に支払うコンサルティング料とは、節税の提案・財務戦略・IT化の推進など、その領域は非常に多岐に渡ります。

また、顧問料と記帳代行料については、ある程度明確に示すことができますが、コンサルティング料については相場もなく、その金額を明確にすることが難しいです。

税理士の得意分野を活かしたサービスを提供していることが多いため、ピンポイントでハマれば多少高額なサービスでも十分なメリットを享受することができます。

 

税理士のタイプ別の特徴

税理士の報酬の内訳を確認したところで、次は税理士のタイプをみていきましょう。

税理士のタイプにより、報酬の内訳のバランスが異なってきますので、どんな税理士があなたが受けたいサービスを提供してくれるのかを確認してください。

  1. 作業型
  2. 付加価値型
  3. バランス型

 

作業型

作業型の税理士は、記帳代行をメインに仕事をしていますので記帳代行料が報酬のほとんどを占めています。

特徴としては、良くも悪くも帳簿屋さんであるということです。

会計ソフトへの入力については、それなりの知識がある人間が行いますので一定のレベルを維持しています。

しかし、「会計帳簿を作成して税金の計算をする」という仕事しかしてくれません。

毎月訪問するのは税理士ではなく資格を持たない事務員ですし、積極的な節税の提案・将来に向けた事業計画の策定など、付加価値の高いサービスを期待することはできません。

「うちの税理士は税金を計算するだけで何もしてくれない!」このような不満が出るのは仕方ありません。

なぜなら、その税理士の報酬は記帳代行料であり、作業型の税理士だからです。

 

付加価値型

付加価値型の税理士は、記帳代行などの作業はせずに一つの分野に特化したサービスを提供しています。

その報酬についてはコンサルティング料の占める割合が高く、比較的高額になりやすいです。

受けたいサービスをピンポイントで提供してくれていますので、非常に利用価値は高いと思われますが、個人事業者や中小企業では扱わない分野も多いため、利用にあたっては十分な注意が必要です。

付加価値型のサービス
  • 相続税・贈与税
  • 国際税務
  • 組織再編
  • 連結納税
  • 一定の業種に特化している

 

バランス型

バランス型の税理士には、2種類のタイプがいます。

1つ目は、「何でもやります」という昔からいる町医者タイプの税理士です。

税理士の中でも一番多いタイプですが、どちらかというと作業型の税理士に近い存在です。

記帳代行をメインとしながらも相談業務や節税対策などもしてくれますが、税理士自ら仕事をするわけではなく資格を持たない事務員が実務をします。

報酬も決して安くはないことから、お客様の満足度が低くなってしまっていることも多いです。

また、比較的歴史の古い事務所である場合が多く、PC・ITに疎いという弱点もあります。

 

2つ目は、自分の強みを活かしながら提供するサービスをカスタマイズする税理士です。

イメージとしては、付加価値型に近いバランス型の税理士です。

私もこの部類に入りますが、その特徴は税理士の個性が反映されるため千差万別です。

新井勲税理士事務所の特徴
  • クラウド会計ソフトを駆使して経理を徹底的に効率化する
  • リアルタイムの数字を確認して未来を予測する・作っていく
  • お客様に経営者・投資家・個人としての戦略を提示する

このタイプの税理士は、報酬が高額になることも少ないためハマれば非常に強力です。

税理士ひとりで活動していることも多くサービスの質が高いというメリットがありますが、その税理士に「もしものこと」があった時は非常に脆いというデメリットもあります。

 

まとめ

税理士の報酬は3つに区分することができ、提供するサービスの内容によって税理士としてのタイプが異なります。

税理士の報酬
  1. 顧問料
  2. 記帳代行料
  3. コンサルティング料
税理士のタイプ
  1. 作業型
  2. 付加価値型
  3. バランス型

どの税理士が一番いいかは一概には言えません。

なぜなら、受けたいサービスによって選ぶべき税理士が違うからです。

『毎月の報酬が高い!』という不満をお持ちの方は、まずは受けたいサービスを明確にしてみてはいかがでしょうか。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。