税理士選びの参考に!税理士の6つのタイプとそれぞれの特徴について

税理士

税理士にもいろいろなタイプがおり、それぞれ得意としている仕事に特徴があります。

それを知らずに税理士と契約してしまうと思わぬミスマッチを起こしてしまうことがあります。

まずは税理士のタイプを知りその特徴を理解したうえで契約することをオススメいたします。

税理士選びにおける重要なポイント

税理士選びにおける重要なポイントは、お客様が受けたいサービスと税理士が提供しているサービスが一致しているかどうかです。

私が税理士業務をしていてよく感じるのは、お客様と税理士のミスマッチです!

わかりやすく言うと牛丼が食べたいのにラーメン屋に入ってしまっている状態です。

それでも必要最低限のサービスを受けることができてしまうのでなかなかミスマッチを起こしていることに気づきません。

税理士の主な業務としては、

  • 記帳代行
  • 決算・税務申告
  • 税務調査対応
  • 節税などの提案・設計
  • 経営コンサルタント業務

などがありますが、これらすべてのサービスを提供している税理士は少ないです。

それぞれ得意としている分野も報酬の金額も違います。

まずは税理士にどのような仕事をしてほしいのかを明確にしましょう。

そしてその仕事を得意としている税理士と契約することでミスマッチを防いでいきましょう。

 

税理士のタイプによる特徴

税理士は主に6つのタイプに分類することができます。

それぞれ得意とする仕事やスタンスなどが違ってきますので、その特徴を知っておくことが税理士選びのコツです。

1.国税OBの税理士

国税OBの税理士の特徴は何と言っても税務調査に強いことです。

もともと税務署の所員だったので税務署の内情に精通していたり、ある程度の役職まで出世された方であれば顔が利くということもあります。

これは試験組の税理士にはない魅力なので「税務調査に強い税理士」を探しているなら国税OBの税理士がオススメです!

ただし、実務は苦手な税理士が多いのでそのあたりは考慮しておかなくてはなりません。

2.試験組の税理士

試験組の税理士は難関試験を突破しているだけあって勉強熱心で実務が得意な方が多いです。

領収書の整理などの基本的な仕事から、高度な税務申告までオールマイティーに仕事ができます。

まさに会計・税務のスペシャリストと言えるでしょう。

会計・税務に関してトータル的なサポートを期待するのであれば、試験組の実務が得意な税理士をオススメします!

ただし、国税OBの税理士ほど税務調査に強いというわけではありません。

3.ベテラン税理士

60代以上のベテラン税理士は、経験豊富で威厳があり頼りになる先生と言えます。

また、ご自身も経営者として何十年も事務所を経営されていることから、同じ経営者として良き相談相手になってくれます。

特に孤独な中小企業の社長にとっては悩みを相談できる数少ない相手になります。

そういう意味では、定期的に相談できる専門家を求めるのであればベテラン税理士はオススメです!

ただし、あまりに世代が違うと相談しにくいですし、貴重なアドバイスも上から目線のものに感じてしまいがちですので注意しましょう。

4.若手税理士

50代以下の若手税理士は、フットワークが軽くアグレッシブです。

ベテラン税理士のような「先生タイプ」ではなく、お客様と一緒に事業をよくしていこうとする「パートナータイプ」の方が多いです。

税理士との付き合いは一生ものになることもあります。

時間をかけて信頼関係を築きともに成長していけるような関係を求めるのであれば若手税理士はオススメです!

ただし、ベテラン税理士ほどの経験はありませんし、ときには頼りなく見えてしまうことがあるかもしれません。

税理士の世界で50代はまだまだ若手!?
全国に税理士は75,000人ほどいますがそのうち約55%が60代以上!
ちなみに30代以下は10%という超高齢化社会

5.税理士法人などの組織

税理士法人などの比較的大規模な組織の事務所に仕事を依頼する場合にはスケールメリットを活かすことができます。

小規模な個人事務所だと税理士の資格を持っているのが所長だけということもよくありますが、税理士法人の場合は何人もの税理士が在籍しています。

大きければ大きいほどノウハウや情報が蓄積されていきますので、そのようなスケールメリットを希望されるのであれば税理士法人などの組織はオススメです!

ただし、人の入れ替わりが激しく税理士の資格を持たない人間が担当者になることもありますので、そのあたりは事前にしっかりと確認しておきましょう。

6.一匹狼の税理士

一匹狼の税理士とは基本的にその税理士ひとりだけで活動している税理士のことです。

入力事務を担当しているパートがいる場合もありますが、お客様とのやり取りはすべて税理士本人が行います。

税理士法人のようなスケールメリットを活かすことはできませんが、税理士本人が1から10まで見てくれるという安心感を得ることができます。

また、担当者が変わるようなこともありませんのでひとりの税理士と末永く付き合っていきたい方にはオススメです!

ただし、ひとりで仕事をしているため事務所としてのキャパシティーは少ないので記帳代行などの時間のかかる仕事を依頼する場合は注意が必要です。

 

自分に合った税理士と契約しよう

このように税理士にもいくつかのタイプがあり、それぞれ得意としている仕事が異なります。

たとえば、経理業務の効率化をサポートしてほしいのに国税OBの税理士に仕事を依頼したり、全国展開を目指しているのに一匹狼の税理士に仕事を依頼してもうまくいきません。

自分に合ったサービスを提供してくれる税理士を探すことが大切です!

一昔前は税理士の情報も会計・税務の情報も一般的には認識されていませんでしたし、お客様のニーズ・業種・税法なども複雑ではありませんでした。

しかし、今はインターネットに情報はいくらでも載っていますし、すべてのことが多様化している時代です。

税理士なら誰でもいいという時代はとうに終わっています。

自分に合った税理士と契約してそのサービスの恩恵をたっぷりと受けてください。

 

まとめ

税理士にもさまざまなタイプがあり、それぞれ得意としている仕事も違います。

まずは自分がどのようなサービスを受けたいのかを明確にしましょう。

そして、そのサービスを提供してくれる税理士をじっくりと吟味してみてください。

タイトルとURLをコピーしました