税務調査は事前の準備で決まる!絶対にやっておくべき5つのこと

 

事業活動を続けていく限り、税務調査を避けて通ることはできません。

 

多ければ、3年に1回は税務署と顔をあわせることになります。

したがって、どのようにしてうまく立ち回るかを考えていかなければなりません。

 

しかし、税務調査に高度な交渉技術は必要ありません。

事前の準備をしっかりとしておくことで、そもそも交渉の必要な場面を潰しておくことが大切なのです。

 

税務調査は事前の準備で全てが決まる!

 

それぐらいの気持ちで準備を進めておきましょう。

 

税務調査は事前の準備が大切

税務調査は、調査当日の対応も大切ですが、事前の準備の方が大切です。

しっかりとした準備をしておくことで、納税者の負担を少しでも減らすことができます。

 

絶対にノープランで当日を迎えることがないようにしてください。

 

税務調査の当日までに、絶対にやっておくべき5つのことをまとめてみました。

これだけ準備しておけば、スムーズに調査を進めることができるため、結果的に税務調査を早く終結させることに繋がります。

 

少しでも負担を減らすために、しっかりと準備を進めましょう。

 

 絶対にやっておくべき5つのこと

  1. 税理士に相談
  2. 調査場所の確保
  3. 整理整頓
  4. 必要書類の用意
  5. 最終チェック

 

また、税務調査に協力しようとする姿勢も非常に大切です。

 

税務署は敵ではない!戦うのではなく協力する姿勢を示すこと

2017.11.08

 

税理士に相談

税務調査における納税者の負担は軽くありません。

金銭的な負担はもちろん、時間的、精神的な負担も大きくなります。

 

そのような負担を少しでも軽くするためにも、まずは税理士に相談するようにしましょう。

 

すでに税理士がいる場合には、税務署から税理士に事前通知がいっているはずなので、そのまま相談してください。

もし、税理士がいない場合には、税務署から納税者本人に事前通知がありますので、そこから税理士を探さなくてはなりません。

自分自身で対応することも可能ですが、できれば税理士に相談することをオススメします。

 

特に初めて税務調査を経験される方は、絶対に税理士に相談してください!

 

税理士に相談することにより、自分では気づかなかった間違いが見つかったり、税務署への対応方法だったりを教えてもらうことができます。

餅は餅屋、プロに任せてしまった方が安心・安全です。

 

税務調査の負担を軽減するためには税理士に立会を依頼すべきである

2017.10.31

 

調査場所の確保

税務調査の当日においては「納税者本人」「税理士」「税務署の調査官」少なくとも3名で調査が進められていきます。

そして、正しく申告がなされているかを確認するための書類も必要になりますので、それなりの場所を確保しなければなりません。

 

ですから、税務調査をするための十分な応接スペースを確保するようにしてください。

 

飲食店・美容室などの店舗の場合には、お客様の目に触れないようにすることも考えましょう。

平日の昼間に黒いスーツを着た人(税務署の調査官)が、店内をうろつくようなことがあってはいけません。

 

また、税務調査が実施される場所は、原則として申告書に記載された納税地になりますが、

  • 自宅を納税地としている場合
  • 十分な応接スペースが確保できない場合

など、正当な理由があるならば、別の場所でも対応することができます。

 

必要なものを揃えることができれば、税理士の事務所で税務調査をすることも可能ですので、一度相談してみましょう。

 

整理整頓

税務調査の前に、パソコン、机、本棚などの整理整頓をしておきましょう。

 

税務署の調査官は、申告書や帳簿を確認するだけではありません。

パソコン、社長の机の引き出し、金庫の中などを確認することもあります。

 

納税者の同意なく、勝手に見ることはあり得ませんが「見せることを拒否するということは何か隠しているのでは?」と考えるのが税務署の仕事です。

余計な疑いをかけられないためにも、見せたくないものは事前に片付けておくことが大切です。

 

綺麗に整理整頓が行き届いているというだけで「ちゃんとしているな」という印象を与えることができ、調査が早く終わる可能性が高まります。

 

税務調査の当日に、慌てて何かを隠したりすることがないように、事前に綺麗に片付けておきましょう。

 

必要書類の用意

税務調査は、納税者の申告が正しくできているかをチェックするためのものです。

したがって、申告の基礎となった書類を確認しながら進めていくことになりますので、しっかりと書類を準備しておかなければなりません。

 

税務調査で調査官が確認する書類として、

 これだけは用意しておこう!

  • 申告書の控え
  • 総勘定元帳
  • 源泉徴収簿
  • 領収書・請求書など
  • 契約書・議事録など

これぐらいは必ず用意しておきましょう。(過去3年分は絶対に必要です)

 

これ以外の書類が必要な場合もありますので、それぞれの申告内容に合わせて、よく税理士と相談するようにしてください。

 

 源泉徴収簿だけではダメ

源泉徴収簿の用意だけでなく、年末調整で使った扶養控除等の申告書も用意しておきましょう!

 

 契約書の印紙の貼り忘れ

契約書の印紙の貼り忘れが非常に多いです。税務調査で印紙の貼り忘れを指摘されると、本来の印紙の金額の3倍の罰金がかかってしまいますので、十分に注意しておきましょう!

 

最終チェック

最後に、税務調査が入る前に最終的なチェックをしておきましょう。

具体的には、

  • 申告に間違いがないかどうか
  • どのような質問・指摘を受ける可能性があるのか
  • 税務署に対してどう対応していくのか

このようなことについて、事前に税理士と打ち合わせをしておくと良いでしょう。

 

事前にシミュレーションをしておくことで、ある程度の対策を考えることができます。

しっかりとして準備を進めて、万全の体制で税務調査の当日を迎えましょう!

 

まとめ

税務調査は、当日の対応よりも事前の準備が大切です。

しっかりと準備を進めておくことで、本番で慌てるようなこともなくなります。

 

その結果的として、納税者の負担を減らすことに繋がりますので、万全の準備を整えてください。

 

正しい申告ができていることが前提ですが、事前にしっかり準備しておくことで、確実に調査を早く終結させることができます。

「2日の予定が1日だけで終了する」ぐらいは簡単にできます。

 

税務調査と言うと、税務署との交渉などの当日の対応に意識が向きがちですが、それもこれもしっかりとした準備があってこそです。

 

その意味では、税務調査は事前の準備で全てが決まる!と言っても過言ではありません。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。