税務調査なんか怖くない!本当に怖いのは正しい数字が見えないこと

 

「税務調査」という言葉を聞いてあなたは何を想像しますか?

 

  • お金を取られる
  • 色々と調べられる
  • とにかく怖い

などなど、あまり良い印象はないのではないでしょうか。

 

しかし、税務調査を怖いと感じているようではいけません。

怖いということは、何かやましいことがあるということです。

 

法律に基づいた正しい申告をしていれば、税務調査で何を調べられようともお金を取られることなどあり得ません。

 

つまり、税務調査など全く怖くはない!ということです。

 

税務調査を怖がっている納税者が、本当に怖れないといけないのは、正しい数字を見ることができていないことです。

 

税務署の顔色を伺って商売していくなど馬鹿げています。

経営者は、きちんと数字に向き合って、どのようにして事業を継続していくのかということを考えるべきです。

 

税務調査を怖れているようではいけない

税務署が税務調査を実施する目的は、納税者が正しく税金を計算しているかを調べるためです。

正しく税金を計算するためには、法律に基づいた正しい会計帳簿の作成が必要になります。

 

つまり、本当の正しい数字を計算しなければならないということです。

 

本当の正しい数字は、税務署だけでなく納税者自身にとっても非常に大事な数字です。

なぜなら、正しく計算できていないと、自分がいくら儲けているのかということがわからないからです。

 

こういう話をすると、

「儲けたら儲けた分だけ税金を払うのが当たり前だ!」

「積極的に節税して税務署に目をつけられたら大変だ!」

という考えの税理士だと勘違いされることがよくありますが、決してそうではありません。

 

むしろ、本当に意味のある節税は積極的に行うべきですし、無駄な税金を支払う必要はないと考えています。

 

ただ、税金を安くしたいあまり不正をしてはいけないと言っているのです。

ここでいう「不正」とは、事実を隠したり、嘘の話を作ることです。

これを税法の世界では「隠蔽」「仮装」と言い、脱税行為とみなされます。

 

脱税は立派な法律違反ですが、節税は法律で認められた税金を安くする行為です。

 

したがって、節税した後の正しい数字に基づいた申告をしていれば税務署など全く怖くはないのです!

 

何らかの不正を働き、正しい数字が見えていないことこそが本当に怖いことです。

 

正しい数字を見ることが大切

正しい数字を見ることは、税務調査の話を抜きにしても経営において非常に大切なことです。

 

なぜなら、正しい数字を見ることにより、

  • いくら儲かっているのか
  • いくらお金を使うことができるのか
  • いくらお金を残しておかないといけないのか

ということを考えることができます。

 

このように、本当の数字と向き合い、経営に関する計画を立てて実行することが安定した経営に繋がります。

 

何か不正を働いて、「もしかして、あれがバレたら…」なんて考えながら経営していても辛いだけです。

 

ですが、法律に基づいた節税であれば、税務署にとやかく言われることはありません。

「来るなら来い!」「どうせ来ても何もないよ〜」と言えるぐらいがちょうどいいのです。

 

嘘偽りのない申告が究極の節税である

税務調査により、何か修正しなければならないことが見つかった場合には、修正申告書を提出して追徴税額を支払わなければなりません。

この追徴税額については、本来、支払わなければならなかった税金なので仕方ありません。

 

しかし、修正申告する場合には追徴税額とは別に罰金も発生してしまいます。

この罰金については、正しく申告していれば支払う必要などなかったものです。

 

つまり、何かしらの不正を働いたことにより生じた罰金は、ただの無駄遣いであるということです!

 

税金を安くしたいがために無理をした挙句、余計な罰金を支払うことになる。

落ち着いて考えてみれば、このようなリスクを犯す意味など全くないことがわかるはずです。

 

そういう意味では、嘘偽りのない正しい申告をすることこそが究極の節税であると言えるかもしれません。

 

まとめ

法律に基づいた正しい申告をしていれば、税務調査など全く怖れる必要はありません!

税務調査を怖れるということは、何かやましいことがある証拠です。

 

正しい数字を嘘偽りなく申告することが、本当の数字を確認して、それを経営に役立てるということにも繋がります。

 

  • 「ちょっとぐらい不正しても大丈夫」
  • 「これぐらいだとバレないよね」
  • 「他の会社もやってるし…」

など、最初は小さな不正でもだんだんと大胆になり、大きな不正を働いてしまう経営者の方をたくさん見て来ました。

 

そして、税務調査で指摘を受けて多額の罰金を支払うことになり、資金繰りを圧迫するという最悪の状態に陥ってしまいます。

 

法律に基づいた正しい申告は、長い目で見れば究極の節税であると言えます。

究極の節税をしていれば、税務調査など何度来ても怖くはありませんし、常に正しい本当の数字を見ることができます。

 

もう税務署の顔色を伺いながら事業をしていくのはやめにしましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。