税務署による税務調査で脱税がバレても逮捕されることはないのか!?

税務調査

税務署による税務調査で脱税行為が発覚したとしても逮捕されるようなことはありません。

適切な申告をやりなおして税金・罰金を支払えばそれ以上の罰則を受けることもありません。

その意味では税務調査を過度に恐れる必要はありませんのでご安心ください。

税務調査の目的は納税者に正しく申告・納税してもらうこと

税務調査の目的は納税者が正しく申告・納税しているかをチェックすることです。

決して脱税を摘発して納税者を逮捕するようなことがしたいわけではありません!

申告内容に誤りがあればそれを正しく是正して適切な申告・納税を促すことを目的としています。

仮に脱税していることがバレたとしても、追徴税・罰金を支払うことにより経済的な制裁を受けることになりますので逮捕されるようなことはありません。

税務署を敵対視したり恐れたりすることなく、粛々と税務調査を進めてもらい是非とも「申告是認」を勝ち取りましょう!

申告是認とは、税務調査を実施しても何ら修正・指摘事項がないということ
つまり、国から「お咎めなし」をいただいたという意味
申告是認になると今後税務調査に入られる確率が格段に下がります!

 

なぜ税務署による税務調査では逮捕されることがないのか

税務署による税務調査で脱税行為が発覚したとしても逮捕されるようなことはありません。

なぜなら、税務署による税務調査はあくまでも任意調査であり、税務署の調査官に納税者を逮捕する権利はないからです!

たとえ脱税がバレたとしても経済的なペナルティを受けるだけで済みます。

だからと言ってやりたい放題していてはいけません。

税務署の税務調査では脱税者を逮捕することはできませんが、その上の機関であればまったく話は変わってきます。

それが国税局査察部(通帳マルサ)による強制調査です。

 

国税局査察部(通称マルサ)による強制調査

税務調査には2つの種類があります。

  1. 税務署による任意調査(税務調査の99.9%はこれ)
  2. 国税局査察部による強制調査(いわゆるマルサによるガサ入れ)

何度も言うように税務署による任意調査で脱税がバレても逮捕されるようなことはありませんが、国税局査察部による強制調査で脱税がバレた場合は実際に逮捕・起訴されます!

マルサの目的は納税者に正しく申告・納税してもらうような生易しいものではありません。

脱税者の脱税行為を立証して脱税犯として起訴すること目的としています。

彼らは入念に下調べを重ねてある程度裏を取ってから調査にやってきますので、入られた時点で覚悟を決めなければなりません。

そうならないためにも脱税は絶対にやってはいけません!

正真正銘の犯罪行為ですし、何よりその後の事業継続においてとんでもない苦労をすることは火を見るよりも明らかです。

税務署による税務調査で逮捕されるようなことはないからと言ってあまりに無茶な行為をしていれば、国税局査察部が出張ってきますので十分に注意しておきましょう。

国税局査察部(マルサ)が動くとき
1.1億円以上の所得を隠しているとき
2.脱税行為が明らかであるとき
3.起訴できる証拠があるとき

 

まとめ

税務署による任意調査では脱税がバレたとしても逮捕されるようなことはありません。

ただし、多くの追徴金を取れれば税務署の職員の人事評価に影響を及ぼしますので決して楽観視できるようなものでもありません。

普段からしっかりと税務調査対策もしておくべきです。

また、国税局査察部(通称マルサ)に目を付けられるような行為だけは絶対にやめておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました