税金のことは税理士に教えてもらうのが最も効率のよい方法である

 

仕事にしても、プライベートにしても、何かを始める時には、まず情報を集めてこなければなりません。

そして、集めた情報をうまく活用していかなければ、新たな知識・スキルを習得することはできません。

 

したがって、正しい情報を獲得して、効率よく習得していくことが大切なのです。

 

そのためには、その道のプロに教えてもらうのが、最も効率の良い方法だと言えます。

 

つまり、税金のことは税理士に教えてもらいましょう!ということです。

 

税金のことは税理士に聞け

税金のことを知りたいならば、税理士に教えてもらうのが最も効果的です。

その道のプロに教えてもらうということが、正しい情報をうまく活用するための秘訣です。

 

  • 情報を集めること
  • 正しい情報かどうか検証すること
  • 情報をうまく活用するための方法を知ること

プロに教えてもらうことにより、これらについて自分で考える必要がないため、とても効率よく習得することができます。

多少のお金を支払う必要がありますが、その価値は十分にあるでしょう。

 

なぜなら、その教えをうまく活用することにより、効率的に知識・スキルを吸収することができれば、その授業料ぐらいアッという間に取り戻すことができるからです。

 

それは、税金のように専門的な知識を必要とするものであればあるほど、顕著にその差があらわれるものです。

 

税金のことについて知りたければ、税理士に聞くことが一番確実です。

 

情報をうまく活用することが大切

インターネット・スマホの普及により、情報を集めてくることは、比較的容易になってきています。

しかし、その情報が正しいかどうかを検証することは難しくなっています。

 

なぜなら、あまりに情報が溢れすぎているからです。

 

スマホを使う人のほとんどが、情報を集めてくるための検索力は持っていますが、本当に正しい情報を選ぶ力は持ち合わせていません。

つまり、情報をうまく活用できていないということです。

 

間違った情報をもとにして、知識・スキルを身に付けることはできません。

しかも、お金よりも大切な時間を無駄にしてしまうことにもなってしまいます。

 

情報をうまく活用するためにも、時にはプロの力を借りることも大切なことなのです。

 

正しい情報を知っているかどうか

情報をうまく活用するためには、正しい情報を知っているかどうかが重要です。

 

例えば、個人事業者が青色申告を適用している場合、65万円の所得控除の適用を受けることができます。

税率を20%とすると、1年間当たり65万円×20%=13万円も税金安くすることができます。

 

2年で26万円、3年で39万円、10年だと130万円です!!

 

しかし、この規定の適用を受けるためには、一定の期間内に青色申告承認申請書というものを税務署に提出しなければなりません。

 

詳しくは、個人事業者・フリーランスの確定申告は絶対に青色申告がお得です!という記事で解説していますが、このことを知っている個人事業者がどれだけいると思いますか。

新たに起業・独立する人のほとんどが、知らないはずです。

 

何が言いたいかというと、正しい情報を知っているだけで、1年間で13万円も得をすることができるということ。

 

つまり、知らないというだけで大きく損してしまうことがあるということなのです。

 

そのように考えれば、一度税理士に相談するぐらいの授業料は安いものです。

情報というのは大切なものですが、本当に価値があるのは、「正しい情報」と「それをうまく活用する方法」です。

 

正しい情報をうまく活用するために、積極的にプロの力を利用していきましょう!

 

まとめ

税金のことは、税理士に教えてもらうのが一番です。

なぜなら、本当に価値のある情報をうまく活用するための方法を一番よく知っているのが、その道のプロであるからです。

 

情報を集めることは難しくありませんが、その正確性を検証する術がないと、時間を無駄にしてしまうこともあります。

プロに教えを乞うことで、今日10万円失ったとしても、明日100万円得ることができれば良いのです。

 

税理士が得意とする会計・税務の世界では、知っているだけで金額が大きく違ってくることが多々あります。

知らないというだけで損をしてしまわないためにも、税金のことは税理士に教えてもらいましょう!

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。