SE・デザイナー・コンサルタントの確定申告で注意すべき3つのこと

 

SE・デザイナー・コンサルタントなどは、意外と税務調査が多い職種です。

 

税理士をつけて確定申告していれば、あまり問題になることはありませんが、自分で確定申告していると、そう簡単にいかないようです。

その理由として考えられるのが、これらの職種にける特殊な事情です。

 

しかし、たった3つの点を押さえておくだけで、確実に税務調査のリスクを軽減することができます。

 

正しい確定申告を目指して、しっかりと確認しておきましょう!

 

見るべきポイントは職種によって違う

SE・デザイナー・コンサルタントなどの確定申告においては、その職種ならではの事情がありますので、いくつかのことに注意しておかなくてはなりません。

 

なぜなら、その事情については、税務署も把握しているからです。

 

これらの職種のわかりやすい特徴としては、経費が少ないということが考えられます。

つまり、もともと経費が少ない職種であるにも関わらず、不自然に経費が多い場合には、確実に税務署に怪しまれます。

 

無用な誤解を受けないためにも、事前にしっかりと対策を立てておきましょう。

 

確定申告は、その職種によって見るべきポイントが違うということを認識しておいてください。

 

注意すべき3つのこと

SE・デザイナー・コンサルタントの確定申告で注意すべきポイントは3つです。

 注意すべき3つのポイント

  1. 売上について
  2. 消費税について
  3. 経費について

 

これらは、実際に税務調査に入った場合に必ずチェックされるところでもありますので、確実に押さえておきましょう!

 

売上について

まず、売上については、これらの職種に関わらず入念にチェックしておくべきです。

税理士をつけていれば問題ありませんが、そうでない場合には、売上の計上基準は絶対に確認しておきましょう。

 

会計・税務の世界では、入金があった時に売上を計上するのではありません。

 

商品の引き渡し・サービス提供の完了をもって、売上を計上しなければなりません。

 

つまり、入金を基準にしていると、売上の計上もれが生じてしまうことになり、修正申告することを余儀なくされます。

 

これらの職種の取引については、得意先から仕事の依頼を受けて、それを納品・提供するという単純でわかりやすく、ごまかしも一切通用しませんので正確に合わせておきましょう!

 

消費税について

SE・デザイナー・コンサルタントとして、ひとりで活動している場合、税理士に仕事を依頼することなく、自分で確定申告をしていることも多いかと思います。

 

そんな時に問題になるのが、消費税についてです。

消費税は、2年前の売上が1,000万円を超えていると、その年に納税義務が発生します。

しかし、そのことを知らずに申告を続けている人が非常に多いです。

 

そして、消費税を納税していないことが発覚するのは税務調査が入った時です。

そうなれば、本来納めるべき税金だけでなく、延滞税・無申告加算税などの無駄な罰金を支払わされるハメになってしまいます。

 

このように、きっちりと対策を立てておかないと、大火傷することになりかねません。

できるだけ早急に税理士に相談することをオススメします!

 

消費税を簡易課税制度により計算した方がお得な事業者とは

2017.08.08

法人を設立して消費税を節税する最良のタイミングとその方法

2017.04.02

 

経費について

経費については、もともと経費の少ない職種であり、税務署もそのことを熟知している状態です。

 

経費で処理できるもの・できないものをしっかりと見極めて、痛くない腹を探られるようなことはないようにしておきましょう。

 

税理士がオススメする誰でもできる簡単な領収書の整理・保管方法

2017.08.01

領収書を経費に計上できるかどうか?経費で落とすための2つの基準

2017.04.11

 

 SE・デザイナー・コンサルタントの経費

  • 家賃・光熱費(自宅部分と合理的に区別する必要がある)
  • 電話・ネットなどの通信費
  • PCなどの備品
  • 打ち合わせ・取材などの費用
  • 本・雑誌・セミナーなどの勉強代

 

確定申告の基本

確定申告は、その職種により見るべきポイント、押さえておくべきポイントが異なります。

しかし、確定申告の原理原則は同じです。

 

職種に関係なく、やるべきことはきっちりとやっておくことが大切です。

 

個人事業者の確定申告には帳簿の作成と保存が絶対条件である

2017.11.09

個人事業者の確定申告の準備は10月がベストタイミングである

2017.10.10

個人事業者・フリーランスの確定申告を青色申告しておくべき理由とは

2017.06.26

 

まとめ

SE・デザイナー・コンサルタントなどの確定申告は、その職種ならではの事情を考慮しておく必要があります。

基本となる部分は他の職種と変わりませんが、以下の3つについては十分に注意してください。

 

 注意すべき3つのポイント

  1. 売上について
  2. 消費税について
  3. 経費について

これらについての対策を整えて、事前にしっかり準備しておくことが大切です。

 

確定申告の見るべきポイントは職種によって違う!ということを頭に入れておきましょう。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。