これからの税理士に特定の会計ソフトの入力スキルは必要ありません!

 

これからの時代、税理士に会計ソフトの入力スキルは必要ありません!

 

なぜなら、お客様の役に立つことができないからです。

 

これまでは、税理士の仕事が一体どんなものであるかということが、いまいち認知されていませんでした。

しかし、インターネットの普及により、税理士の仕事がどんなものかというブラックボックスはなくなってしまいました。

 

役に立たないことがわかっていてお金を払ってくれるような都合のいいお客様など存在しません。

 

したがって、どうすればお客様の役に立つことができるかを考えなければなりません。

それを考えれば考えるほど、税理士にとって特定の会計ソフトの入力スキルは必要ないことがわかってきます。

 

会計ソフトの入力スキルは必要ない

税理士の仕事のひとつに、会計ソフトへの入力があります。

特定の会計ソフトの使用を続けることで、そのスキルが向上して、より速く正確に入力することができるようになります。

 

今までの税理士であれば、特定の会計ソフトの入力スキルは絶対に必要なものでした。

しかし、クラウド会計ソフトの登場、AIなどのテクノロジーの進化により、その必要性は薄れてきています。

 

これからの税理士は、特定の会計ソフトの入力スキルを磨いても何ら意味を持ちません。

 

なぜなら、人との競争ではなく、コンピューターとの競争に勝たなければならないからです。

 

会計ソフトへの入力というのは、一定のルールに従って、正しい処理をしていくことです。

このような作業こそ、コンピューターの得意とするところであり、人の手では限界があります。

うまく利用して任せてしまえばいいのです。

 

特定の会計ソフトの入力スキルを評価してくれるのは、古い体質の税理士事務所だけです。

 

これからの税理士・お客様にとっては、全く意味もなく、必要もないスキルであるということを認識しておかなくてはなりません。

 

記帳代行に価値はない

特定の会計ソフトの入力スキルが必要なくなれば、税理士による記帳代行も必要なくなります。

 

少し難易度は高いかもしれませんが、

  • クラウド会計ソフトなどの活用
  • インターネットを駆使した情報収集

などにより、現在では税理士に記帳代行を依頼しなくても自分で会計帳簿を作成することも可能です。

 

記帳代行が完全になくなってしまうというわけではありませんが、そのニーズは確実に減少していきます。

それは、税理士・お客様の双方の目から見ても明らかです。

 

 税理士から見た記帳代行

  • たいしたスキルアップにならない
  • AIなどに仕事を奪われる可能性が高い
  • どうしても入力するための手間がかかってしまう
  • 入力する人が必要になり、人件費がかかってしまう
  • お客様の役に立たない

 

 お客様から見た記帳代行

  • 全て任せることができるが、自分で数字を読めない
  • 税理士に渡す資料をまとめるが大変
  • 数ヶ月前の数字を試算表として見せられるだけで、全く意味がない
  • 記帳代行という作業に報酬を支払っているため、付加価値の高いサービスを受けることができない
  • 結果として、全てが後手に回るためデメリットでしかない

 

このように、特定の会計ソフトの入力スキルを活かした仕事をしても、良いことがありません。

 

税理士にとっても、お客様にとっても、必要のないものをいつまでも続ける意味など全くないはずです!

 

税理士に求められるスキルとは

税理士には、特定の会計ソフトの入力スキル以外に必要なスキルがたくさんあります。

お客様は、税理士がどんな仕事に力を入れてスキルを磨いているのかをチェックする必要がありますので、税理士を選ぶ時の参考にしてみてください。

 

会計に関するスキル

ただの記帳代行ではなく、お客様の役に立つ会計帳簿の作成ができているかどうかが大切です。

 

仮に記帳代行をしていたとしても、

  • いかにしてタイムリーな数字を確認するのか
  • 面倒な経理作業をどのようにして効率化していくのか

これらのことを真剣に考えて、お客様と一緒に改善していこうとする姿勢が必要です。

 

そして、そのような流れの中で、

  • クラウド会計ソフトなどの便利なツールの導入
  • 税理士・お客様ともに、作業を分担しながらも、総量を減らしていくことを考える
  • 必要のない資料作成、無駄な処理などを見直していく

というような対策をしていくべきです。

 

税務に関するスキル

税理士として、新しい税法の勉強をするのは当たり前のことです。

しかし、お客様の役に立つ税法を勉強しなければ何の意味もありません。

難しい税法を習得してもただの自己満足でしかないからです。

 

効果的な節税方法の提案、税務調査の対策などがお客様の役に立てることが多いです。

そのあたりの情報を徹底的に収集しておきましょう。

 

そして、それらのお客様の役に立つ情報をわかりやすく発信していくことも大切な仕事です。

 

伝える・教えるスキル

税理士として最も大切なスキルが、伝える・教えるスキルです。

税理士であれば、一定の会計・税務のスキルは持っているはずです。

そのスキルをどのようにしてお客様に還元していくのかが重要なのです。

 

税理士としてのスキルをお客様に提供するために、わかりやすく丁寧に伝える・教えるというスキルが必要になってきます。

 

会計・税務という難しい専門分野を、素人であるお客様にいかにしてわかりやすく伝える・教えることができるか。

これこそが、税理士としての力量であり、腕の見せ所です。

 

直接会ってのコミュニケーションはもちろん、電話、メール、ブログなど、お客様に伝える・教える手段は様々です。

どの方法を採用していくのかをしっかりと考える必要があります。

 

まとめ

特定の会計ソフトの入力スキルが、お客様の役に立つ時代は終わりました。

どのようにして効率的に作業を進めて、有用な情報をわかりやすくお客様に提供できるかが大切です。

 

税理士は、常にそれらを考えて必要なスキルを磨いていかなければなりません。

そして、お客様も、どのような税理士が自分の役に立つかを見極めて選択する必要があります。

 

特定の会計ソフトの入力スキルを頼りにした記帳代行をメイン業務にしている税理士のニーズは確実に減ってきています。

 

私も含めた若手の税理士は、特にこのことを肝に命じておかなくてはなりません。

これからは、昔ながらの税理士では生き残っていくことはできないでしょう。

 

常に新しいものを取り入れて、お客様の役に立つことを考え続けていかなければならないのではないでしょうか。

サービスのご案内
新井勲税理士事務所では単発の個別相談税務調査の相談・立会いサービスも承っております。