単なる無駄遣いにならないような節税に対する認識と基本的な考え方

節税

誰でも無駄な税金を支払いたくないという気持ちは同じです。

そのために節税することは決して間違いではありません。

ただし、無理な節税はかえってお金を減らしてしまいますのでやめておいたほうがいいでしょう。

何のために節税するのかを明確にすること

誰でも税金を支払いたくはありませんし、その想いは税理士である私も同じです。

できるだけ無駄な税金の支払いを減らして少しでも多くのお金を手元に残していくべきです。

それを「節税」といいます!

何を当たり前のことを言ってるんだと思われるかもしれませんが、意外とこの認識が薄れていることがあります。

税金を払いたくないから節税するのではありません。

節税は手元にお金を残すための手段であり、節税自体が目的になってしまっては意味がありません!

無理な節税でお金を減らしてしまうより、効果的な節税をして本来の目的を見失わないようにしましょう。

 

無理な節税がどのような結果をもたらすのか

私が無理な節税をお客様にオススメしない理由はズバリ「節税すればするほどお金が減っていくから」です!

税金が利益(もうけ)に対して課税される以上、節税すればお金は確実に減っていきます。

簡単な例で見てみると、

節税しなかったAさん
1.売上1,000万円-経費500万円=利益500万円
2.利益500万円×税率30%=税金150万円
3.利益500万円-税金150万円=お金350万円
節税したBさん
1.売上1,000万円-経費500万円-節税のための経費200万円=利益300万円
2.利益300万円×税率30%=税金90万円
3.利益300万円-税金90万円=お金210万円

節税しなかったAさんの手元には最終的に350万円のお金が手元に残り、節税したBさんの手元には210万円しか残りませんでした。

Bさんの節税のための経費が事業に必要なもので、将来的に様々な恩恵をもたらしてくれるようなものであれば効果的な節税といえるでしょう。

しかし、税金を減らしたいがための無理な節税の経費であれば、それはもう「ただの無駄遣い」となってしまいます。

無理な節税をしてしまうと本来の節税の目的を果たすどころか、まったく逆の結果となってしまうことがありますので十分に注意してください。

 

今年の税金よりも10年後の預金残高

さきほどのAさんBさんの例だと、AさんはBさんの1.5倍以上の税金を支払っています。

Aさん150万円、Bさん90万円、その差60万円、これは本当に大きいです。

この60万円を稼ぐためにどれほどの苦労があったかは、私もひとりの経営者として重々理解しています。

しかし、手元に残ったお金で見てみると、Aさん350万円、Bさん210万円、その差140万円です。

もし10年間同じこと続けたとすると、Aさんの手元には3,500万円、Bさんの手元には2,100万円、その差1,400万円と相当大きな差が出てきてしまいます。

税金の支払いは痛みを伴います。

税理士である私も税金を納めるときは本当に身を切られる思いです。

ただ、日本の税法の仕組みでは税金を払えば払うほどお金は貯まっていきます。

今年の税金を減らすことよりも10年後の預金残高を増やすという意識を持たなければなりません!

そうすれば本当に必要な節税というものが見えてきます。

 

まとめ

節税の目的は手元にお金を残すことです。

節税をした結果お金が減ってしまっては本末転倒になってしまいます。

単なる無駄遣いになってしまわないよう、節税する前に少し立ち止まって考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました